寒い冬になると、女性にとって大敵なのが「乾燥肌」。ファンデをぬったら粉ふいた、乾燥した肌がまるで地割れのよう…なんて悩みを抱えている女性が多くいらっしゃると思います。この、冬におこる肌の乾燥トラブルの原因は意外なことにあったのです。

冬になると乾燥して肌ツヤがない…こんなトラブルありますよね

乾燥肌でイライラしてしまう気持ちわかります…。ストレスで眠れなくなりますよね。

化粧水をつけただけで、ヒリヒリしてしまう時もあります…。

乾燥肌は、カラダの痒みにまで響いてしまうのです。

乾燥肌で肌がガサガサになってしまうと、化粧ノリも悪くなってしまいます…。

やはり、この寒い時期になると多くの女性が「乾燥肌」に悩まされているのがわかります。その乾燥肌の原因は化粧水が足りないわけでもなく、保湿クリームが足りていないわけでもなく、「冬季脱水」というものにあるというのです。

知っておきたい“冬季脱水”のカラクリとは?

1日に失われる水分量は、約2.5Lで、季節によって大きく変動するものではありません。

夏の汗のように目には見えるものではないけれども、冬は気候が乾燥しているために夏同様に水分が失われています。

出典神奈川県立保健福祉大学 保健福祉学部栄養学科 教授 谷口英喜先生

夏は、水分を失う様子が「汗」というかたちで目に見えます。しかし冬は、不感蒸泄と呼ばれる、水分を失う様子が目に見えない状態になります。

一見すると、わかりやすく汗をかく夏の方が水分を失っていそうですが、夏はそのぶん水分をとる機会も多くなります。しかし、冬は同じくらい水分を失っているのに対し、水分を補給する量は夏場より少なくなってしまうのです。

このようなことが「冬季脱水」につながるのです。

気温が上がったり、激しい運動などをしたりすると、汗で失われる水分が増えてしまいます。カラダから失われる水分量が増えると、1日に摂取する水分量を増やさなくてはカラダのバランスが崩れてしまうのです。

体内をしめる水分には、どんな役割があるのでしょうか

カラダを占める水分の役割は3つ。

栄養や酸素などの必要なものを取り入れる、尿や便などで不要なものを運び出す、カラダにこもった熱、エネルギーを放出する(汗)。

水分不足は、便秘の原因、お肌のトラブルの原因、ウイルスがカラダに入りやすくなる、痛みの域値が下がる…ちょっとのことで痛みが増強する。

出典神奈川県立保健福祉大学 保健福祉学部栄養学科 教授 谷口英喜先生

お肌が乾燥してしまうと、かゆみが出現しアトピーの原因にもなります。また女性特有の悩みでもある化粧のりも悪くなるなんてことも。全身の水分が減ると、お肌の老化をうながしてしまうのです。

気付かないうちに乾いてる!?冬に乾燥する理由って?

寒いとついつい防寒性に優れた肌着を着たり、冷え性防止のために厚着をしたりしてしまいがちですよね…。

さらに、この時期は正月太りのため、ダイエットなどの運動を試みている女性も多いはず。

しかし、先ほど言及したように、夏の運動と冬の運動では発汗量に差はないものの、冬のほうが補給した水分量は少なく、失った汗の量と同等量の水と電解質をこまめに摂取するよう意識しなければ、「冬季脱水」に陥ってしまうのです。

女性特有の悩みである冬の乾燥肌の原因は、冬季脱水を引き起こす、厚着や運動後の水分不足にあったのです。

脱水症状が起きるとカラダにどんな変化が起きてしまうの?

あらゆる体調不良、集中力、運動パフォーマンスの低下。

出典神奈川県立保健福祉大学 保健福祉学部栄養学科 教授 谷口英喜先生

カラダから水分が失われ、脱水症状に陥ってしまうと、カラダのあらゆる能力がダウンして、食欲不振集中力の低下、また神経や筋肉に悪い影響が出てきて、脚がつるしびれ脱力などの運動パフォーマンスの低下にもつながります。

その「冬季脱水」を予防する方法とはどんなことなのでしょうか?

肌荒れの原因でもある「冬季脱水」の予防方法とは

「冬季脱水」をなくし、スッキリとした毎日を過ごすカラダを維持するのには、食事のほかに、コップ一杯程度の水分を1日5回とることなどが重要なのです。

3食とれば1Lくらいの水分摂取に相当します。しかし、その他に水分補給をしなければ、水分不足になります。食事だけいくら沢山とっても限界があります。

出典神奈川県立保健福祉大学 保健福祉学部栄養学科 教授 谷口英喜先生

朝昼晩の3食から水分を体内に補うことはできるのですが、やはりそれだけでは足りません。

水分はスポーツ飲料の摂取が特におすすめ

出典 http://lo.ameba.jp

水分補給をする際は特に、適度な糖分とミネラルが入った「アクエリアス」や汗で失われるミネラルと燃焼系カルニチンを含んだ「アクエリアス ゼロ」、肌を作り出す重要な栄養素のビタミンを含んだ「アクエリアスビタミン」など、スポーツ飲料がオススメです。

1日5回の水分補給のタイミングは、起床後睡眠前お風呂上り運動後や帰宅時などがおすすめ。5回程度に分けて、常日頃から意識的に水分補給をすることを心がけましょう。

1日5回の水分補給で冬季脱水による乾燥を防ぎ、この冬は綺麗なスベスベ肌で魅力的な女性に

この冬は、1日5回の水分補給を意識して、今までの乾燥肌からおさらばしちゃいましょう。体調も良くなり、ますます魅力的な女性になれるはずですよ。


こちらの記事も読まれています。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス