生命維持装置を外し、最愛の娘との別れを覚悟した瞬間に起きた…信じられない奇跡。これが現在、海外を中心に話題となっていましたので紹介したいと思います。

ロンドンに住む、フランチェスカさんと、リー・ムーアー・ウィリアムズさん夫妻は、二人の子供、息子ボビー君、そして、娘ベラちゃんと、幸せな毎日を送っていました。

両親、そして兄の愛情をたっぷり受けて育つ娘のベラちゃん。当時、ベラちゃんは生後18ヶ月。なんの問題もなく順調に育っていたそうなのですが…

旅行先で突然体調を崩したベラちゃん。両親は最初、風邪だと思っていたそうなのですが、突如として抜け始める…大量の髪の毛に、混乱し恐怖を感じた両親は、すぐさま旅行を中断し、ロンドンへと戻ります。

虚ろな瞳に、明らかに体調が悪そうなベラちゃん。すぐに病院に連れていったそうなのですが、検査の結果、ベラちゃんの脳機能には異常が見られ、それは、6万人に1人という、非常に稀な病気である事が判明しました。

日を追うごとに容態が悪化するベラちゃん。さらに検査をしたところ、ベラちゃんは極度のビタミンB12不足であることが判明。これにより、体内の細胞を成長させるために必要な酵素が作り出せなくなっていました。

人工呼吸器や無数のチューブに繋がれたベラちゃん。そして、追い討ちをかけるように…医師から

娘さんはもう助からない

と告げられます。

為す術がないという…無情な宣告に、打ちひしがれる両親。その間にも、見る見る痩せ細るベラちゃん。そして両親、ここで苦渋の決断をします。それは…

生命維持装置を外すこと

もうこれ以上、苦しんで欲しくない、穏やかな最期にしてあげたいという…両親の最後の優しさ。そしてそれは、別れへの覚悟でした。

ベラちゃんとのお別れのために、家族や友人が病院に集まる中、最後の瞬間が訪れようとしていました。

両親はベラちゃんの手をしっかりと握り、別れの言葉を告げます。そして、皆が見守る中、病院スタッフは、静かに生命維持装置の電源を切ったのですが…ここで信じられない奇跡が起こります。電源を切った直後、突如として体をよじらせ、泣き始めたベラちゃん。それはまるで『私はまだ生きたい!』と言っているかのようだったといいます。

『娘の手を握った時、彼女がもうすぐ息を引き取ってしまうことを初めて実感しました。握ってくる娘の手の力が少しずつ弱くなって、ベッドに沈んでいくのが分かりました。でも次の瞬間、突然、ベラが、僕の指を強く掴んだんです!』

と、のちにウィリアムズさんがその時の様子を語っていますが、誰もが別れを覚悟した直後に起きた信じられない奇跡。その後、ベラちゃんの血中の酸素濃度も落ち着き…

治療が再会。そして、数週間後には退院できるまでに回復しました。

瀕死の状態だったあの日からは…想像ができないほどの元気な姿をみせるベラちゃん。髪の毛も戻り、元気いっぱい。今では、病気になる前よりも…おてんばになっているとのことです。(笑)

『もっと生きたい!』

という…ベラちゃんの強い想いと、家族の愛情が生んだ信じられない奇跡。この先も健やかに成長してくれることを…願うばかりですね。

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス