正直な告白が事故を防ぐ

確かに亡くしたレンチ一本が駆動系に挟まって飛行機が墜落するかもしれませんし、眼鏡がなくて見えなかったばかりに重要な事を見逃してしまうかもしれません…。
正直に上に報告すると言う事はある意味重要なのです。

このツイートを見て昔上司に言われたことを思い出しました。

ミスを報告したら怒るよでもね…。

とある会社に入ったばかりの頃に直属の上司に言われた言葉です。

「何かやらかしてしまって報告したらもちろん怒るよ。でもね、報告しなかったら対応することすら出来ない事態になってしまうかもしれない。だから、報告しなかったらもっと怒る。ミスは仕方がない。そのミスの影響を如何に小さく出来るかが組織が成長できるかに関わってくるし、上司である私の仕事だ。そして、ミスをしたら二度と同じミスをしない事が君の仕事なんだ。」

私の中では上司に言われた中でのイチニを争う名言だと思っています。
当時はそんなに気にしていませんでしたが、色々な会社を経て自分で仕事をするようになってから思い返してみると本当にそうだなと思いました。
そして、これを言ってくれた当時の上司には感謝しています。

ミスを隠す危険性…。

この人とは別の会社の上司で真逆の事を言っている人がいました。
上にバレないようにうまく回すのが中間管理職の仕事という話です。
もちろん、この上司がうまく回せるのであればそれでよかったのでしょうけどもちろんこんな事をいう人に限っていい加減だったりします。
最後は自分の責任を部下に押し付ける始末で…。

もっと上の人がそのミスに関して知らないばっかりに他の会社からの問い合わせに何のことだとなった事もありましたし、取引先の人にばったり出くわした時に上司が知らなかったばっかりに大恥をかいて取引先に心配された何て事もあったようです。

私の知っている限り上の人が恥を書いたで終わっていたのでまだ不幸中の幸いですが、これが冒頭のツイートのような職場だったら…。人命が失われているかもしれないのです…。

ミスを隠しても怒られないのはその場だけ…。

ほんの些細なものであれば何も起こらない事もありますが、重要であればあるだけ絶対にバレます。ミスを隠せばその場は怒られないかもしれません。でも、その後そのミスが原因でもっとやばいことになった時に必ずバレますし、怒られます。

ミスを報告する事には意味がある。

ミスを報告することには2つの意味があります。

・ミスに対するケアをしっかりして被害を減らす。
・ミスをみんなに周知する事で同じミスを他の人も起こさないようにする。

この2つです。
ミスは早めに対応する事で被害を減らすこともできますし、クレーム等を早く収束することにつながります。
そして、こういう事がありましたと言う事をみんなが知っていれば、みんな気をつけますから同じミスを起こしづらくなります。

隠す企業は駄目な企業

その職場や企業の体質もあるので、報告しない方がよいという会社ももちろんあるでしょう。しかし、基本的にはミスを隠すという事は自分の為にも企業の為にもなりません。

さらに言えば隠す企業は良い企業ではないのです。
隠蔽で問題になっている企業が多くありますよね。それを見ていれば分かる思いますが、隠しているとバレた時に大きな損失に繋がりますし、信用問題になるのです。

知らぬが仏という言葉ももちろんありますし、知らない方がいい事ももちろんありますが…。対応するべき人が知らないと言う事が一番企業として困ることなのです。

この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス