2014年、カナダのトロントにある一軒の家が売りに出されることが決まりました。この家はカナダが第二次世界大戦中だった頃から72年間、ある一人の女性によって大切にされてきました。

ところが、その女性が高齢となり施設で暮らすことになったのでこの家も女性と別れを告げることに。72年の思い出がたくさん詰まったこの家は、一見ごく普通の家のように見えますが実は中はとっても可愛くて、まるでメルヘンの世界に入り込んだかのような気分にさせてくれます。

玄関のドアを開けるとそこは別世界だった

出典 http://www.dailymail.co.uk

この家の持ち主である96歳の女性は24歳の時にこの家に引っ越して来ました。以降、時間をかけて自分好みの家に仕上げてきたそう。元々裁縫関係の仕事をしていたという女性はインテリアにも興味があり、個性的な自分スタイルを家に表現したかったそうです。

淡い色合いの壁紙や中世の香り漂うデコレーションは、玄関に入るなり別世界へと導いてくれるよう。自然と笑みがこぼれます。

白とパステルカラーのコントラストがフェミニン

出典 http://www.dailymail.co.uk

家主の人となりまで想像できてしまうような美しく可愛い部屋。72年間、家主の女性はここで思い出の時間を過ごして来たことでしょう。外の景観が変わっても自分の大好きな家の中は永遠に同じ時を刻み、女性を居心地よくさせたであろうということがよくわかります。

可愛く温かみのある部屋

出典 http://www.dailymail.co.uk

ため息がでそうなほど可愛らしいリビングルーム。決してゴテゴテしていないシンプルなインテリアと空間が家主のセンスの良さを物語っていますね。

つい長居したくなるバスルーム

出典 http://www.dailymail.co.uk

淡いピンクの色調のバスルームは、ローズの香りが漂ってきそうな優しい空間。ここでゆっくりとリラックスしたい気分になってしまいます。

可愛いホテルのようなベッドルーム

出典 http://www.dailymail.co.uk

イギリスのB&Bにはこのようなメルヘンチックな、イギリスの雰囲気たっぷりのB&Bが田舎には存在します。まるでそれを思わせるような可愛らしいベッドルーム。メルヘンの世界にどっぷりとつかって、なんだかいい夢が見られそう!

ラベンダーカラーのカーペットが落ち着いた空間を作る

出典 http://www.dailymail.co.uk

安らかな眠りを誘うラベンダーカラーのカーペットが敷かれてあるベッドルーム。この家には全部で3部屋のベッドルームがあるそうです。どのお部屋も可愛さ満点!

ティールームでとっておきの時間を

出典 http://www.dailymail.co.uk

カナダの冬は厳冬とはいえ、家の中は暖かく、部屋全体がまるで春の光のよう。優しい空間で美味しいお茶を飲みながらとっておきのひとときを過ごしていたのでしょうか。長年住み慣れた自分の家を出て施設に行かなければならない女性の悲しみや寂しさを、誰もいなくなったこの家が語っているようです。

地下には50年代スタイルのおしゃれなミニバーと暖炉

出典 http://www.dailymail.co.uk

愛する人と、また気の置けない仲間たちとこの地下で楽しく過ごしたのでしょうか。時には思い出を語り合いながら、時には思いっきり笑いあいながら過ごしてきた一つ一つの空間は、女性にとってかけがえのないものだったことでしょう。この家は、売りに出されてすぐに新しい家主の手に渡ったそうです。もしかしたらモダンな内装に改装された可能性もあるのでなんだかとっても残念ですね。

72年の年月をまるで感じさせないほど綺麗に手入れされた可愛い家。女性のこの家に対する深い思いやりが感じられます。手放すことは恐らく苦渋の決断だったに違いありません。でも、ここで暮らした72年の出来事全てが女性の中でいつまでも良き思い出として残ることでしょう。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス