記事提供:秒刊SUNDAY

公園に行くとそこには、ブランコ・ジャングルジム・そして滑り台と、子供が楽しめる遊具がいっぱいですね。

しかし子供のころはなぜか楽しめた遊具も、大人になると物足りなさを感じてしまう。なぜならスリルが失われてしまうからだ。

大人になれば高さにも慣れ、そこで何が出来る出来ないも判断できてしまいつまらない。

こちらはチェコ共和国のドルニー・モラヴにあるとんでもない高さの滑り台で、落差は100メートルにも及ぶのだという。正式には滑り台ではなく展望台ですが、展望台に滑り台を取り付けたというとんでもない発想。

いやでもこれ、こんな滑り台があれば絶対に滑りたいですよね。滑り台なだけに。むしろ大人のほうが滑りたいのかもしれません。

自然に溶け込んだ幻想的なこちらのオブジェは2012年に考案され、昨年末に完成したそうです。上るのも楽しそうですねこれ。

残念ながら日本ではなくチェコなので、遊ぶ機会は少なそうですが、日本でも作られることを期待したいですね。

その他の写真

出典:dailymail

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス