テーブルの上に置かれた…美味しそうな二つのホットドッグ。どちらが本物のホットドッグか分かりますか?

どちらかが本物で、どちらかが色鉛筆やペン等を使い描かれたもの。では、じっくりと…お考え下さい。

選びましたか?では、正解を発表致します。身近な存在の色鉛筆やペンを使って描かれていた偽物のホットドッグは…

なんと右側でした!

迷えば迷うほど、判断がつかなくなるこの3Dアート。描いたのはイギリス・ウェールズを拠点に活躍するアーティスト“Howard Lee”さんでして…

ハイパーリアリズムアートと言えば、光沢感を上手く演出する事が出来る“油絵”を使う事が多いのですが、Howardさんは決して油絵を使う事なく…

身近な色鉛筆やペン、クレヨン等を使って、驚きのリアル作品を描いていきます。

身近な道具によって描かれているからこそ

その凄さがヒシヒシと伝わる…彼の作品。では、もう一つ問題です。

↑この中に、1つだけ描かれたキャンディがあります。どれだかわかりますか?

先程のホットドッグとは比べ物にならないほど、難易度が跳ね上がるこの問題。ちなみに私は当てることが出来ませんでしたが、皆さんはわかりましたでしょうか?では、正解を発表したいと思います。

紛れ込んでいた…偽物のキャンディ。それは…

中央右側のこのキャンディでした!

当てることができましたでしょうか?では、ホットドッグ&キャンディの制作工程。さらに、Howard Leeさんが選ぶベストトリックアート。動画にてご覧下さい!

出典 YouTube

出典 YouTube

ベストトリックアートは必見です!

出典 YouTube

リアルすぎてヤバイ!

卓越した技術力によって描かれる…驚きのハイパーリアリズムアート。身近な色鉛筆やペンを使って描くというのも凄いのですが、たった1.2時間で描くという…そのスピード感。これにも本当に驚かされますよね。

海外の大手サイトに取り上げられ、現在、世界中から注目されているHoward Leeさん。今後の活躍…大いに期待したいですね。

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス