以前からネットで話題になっている”ぬいぐるみ”を飾るゴミ収集車

出典 https://twitter.com

以前からネットで話題になっている”ぬいぐるみ”を飾って走るゴミ収集車。

この一風変わった試みは全国へ普及し、現在では全国各地で目撃情報が相次いでいます。

1月12日に放送された「クイズやさしいね」(フジテレビ系)ではこれらのゴミ収集車について取り上げ、最初にこの試みを行ったとされる「有限会社 真和商事」の木林也嚴(なりよし)さんを取材。

いったいこの取組みにはどのような思いが込められているのでしょうか?

8年位前からこの取組みをおこなっているという木林さん。

捨てられたぬいぐるみを飾る理由について「子どもが見て喜んでもらえるような車にしてあげたいという思いもあった」「思いが詰まったものに関してはなかなか処分に踏み切れない」と話す一方で、どうしても”ぬいぐるみ”をゴミとして処分できない事情があったようです。

ぬいぐるみが潰される姿を子どもたちに見せたくない

Licensed by gettyimages ®

街中のゴミ収集所をまわり作業するゴミ収集車。作業中はどうしてもいろんな人の目に触れてしまうもの。

「ぬいぐるみがゴミ収集車のローラーに潰されていく姿を子どもたちに見せたくなかった」

このぬいぐるみを飾るゴミ収集車に秘められた子どもたちへの優しい配慮に視聴者からは「見てて涙出てきた」「スタッフの遊び心なのかと思っていた」など多くの声が寄せられています。

捨てられたぬいぐるみを処分することが忍びないという思い以上に、子どもたちのためを思って始まったというこの試み。

ちなみに8年前に初めて飾ったぬいぐるみは今も現役でゴミ収集車に飾られているんだそう。

想像していたよりもずっと優しい理由にこっちまでほっこりしてしまいますね。

この記事を書いたユーザー

amaneck このユーザーの他の記事を見る

記事を読んでいただきましてありがとうございます。ネットでちょこちょこ記事を書いている神奈川県在住の副業ライターです。個人的に気になったことをお伝えしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス