◎保護責任者遺棄の疑い

埼玉県狭山市のマンションで3歳の女の子が死亡しているのが見つかり、警察は、女の子がやけどをしていたにもかかわらず放置したとして、22歳の母親と同居していた男を保護責任者遺棄の疑いで逮捕しました。

逮捕されたのは、母親で無職の藤本彩香容疑者(22)と、内縁の夫の大河原優樹容疑者(24)の2人です。

警察によりますと、2人は狭山市新狭山のマンションで、藤本容疑者の次女で3歳の羽月ちゃんがやけどをしていたにもかかわらず、病院に連れて行かず放置したとして、保護責任者遺棄の疑いがもたれています。

9日に大河原容疑者から「娘と一緒に寝ていたが、起きたら冷たくなっていた」などと通報があり、警察や消防が自宅を訪れたところ、羽月ちゃんが顔にやけどをした状態で死亡していたということです。

調べに対し、2人は「病院に連れて行かず何もしなかった」などと供述し、容疑を認めているということです。

出典 http://www3.nhk.or.jp

2016年1月11日、日本中がDAIGOと北川景子の入籍に沸く中、この事件の報が流れたのですが、またしても痛ましい事件が発生しました。

謹んで哀悼の意を表します

◎日常的な虐待

埼玉県狭山市の自宅で9日、死亡しているのが見つかった3歳の藤本羽月ちゃん。警察は、顔にやけどをした羽月ちゃんを放置していたとして、母親の彩香容疑者(22)と内縁の夫の大河原優樹容疑者(24)を逮捕しました。羽月ちゃんは体中にあざや傷があり、日常的に虐待を受けていたとみられます。

彩香容疑者の元同僚:「(羽月ちゃんは)地べたに座っているだけ。『おいで』と言っても、彩香容疑者の方をちらっと見て、彩香容疑者が見れば(羽月ちゃんは)動かない。『突き飛ばした』と言ってたから『なんで?』と言ったら、『言うこときかないから』と」

捜査関係者によりますと、彩香容疑者らは虐待を認め、「去年の秋ごろからエスカレートした」などと話しているということです。警察は、動機や事件の経緯などを調べています。

出典 http://news.tv-asahi.co.jp

どういった経緯があるのかは知りませんが、虐待は二女の羽月ちゃんに集中していたらしいですね。
報道番組で、生前の羽月ちゃんの映像を見て涙しました。

◎虐待方法をLINEで相談

捜査関係者によると、両容疑者の携帯電話には「家に帰ったら(こういう虐待を)しよう」という趣旨のメッセージが残されていたという。 両容疑者は調べに対し、「昨年秋口から虐待がエスカレートした」と供述。羽月ちゃんは9日の発見時、目や鼻を含む顔全体をやけどしており、彩香容疑者は逮捕前に「お湯がかかった」と説明していた。

時期や状況についてはあいまいな供述を繰り返しており、埼玉県警は両容疑者が故意に羽月ちゃんの顔に熱湯を浴びせた疑いがあるとみて調べている。

県警によると、羽月ちゃんにはやけど以外にも十数カ所以上の外傷があり、両容疑者は日常的に虐待を繰り返していたとみられる。

出典 http://www.sankei.com

虐待死に関しては、内縁の夫と若いお母さんという構図が多いように感じます。

しかしながら、虐待を行うのは内縁の夫で、若いお母さんはそれを止められなかったというシチュエーションが多かったように思うのですが、このお母さんは積極的に虐待に関与していたようですね。
お腹を痛めた子に対する所業、鬼ですね。

◎内縁の夫

前述いたしましたが、こういった事件は私が感じるのが“若いお母さんと内縁の夫”という構図が非常に多いですね。
明確なデータはないのですが、こういった報道があると「内縁の夫」という言葉が付き纏います。

通常の虐待事例と同じく、加害者としては実母が最も多く[36]59.0%で、16.4%が実父である[36]。また望まない妊娠/計画していない妊娠が31.3%あり、10代の妊娠が22.4%である[36]。養育者については実父母が44.8%、一人親(未婚)が19.0%、内縁関係が15.5%であった(判明したもののみ集計)[36]。

出典 https://ja.wikipedia.org

明確なデータとは言い難いのですが、「内縁関係」は15.5%となっておりますね。
「内縁の夫」による児童虐待というのは、そういうイメージがつきやすい報道内容にあるのかも知れません。

◎行政の対応は?

実際に世の中で行われている児童虐待に関する網羅的な統計はない。なお、日本では「虐待」という名称ではしっかりした統計はとられてこなかった歴史がある。日垣隆によれば、日本の警察は「民事不介入の原則」を盾に、虐待をそもそも事件として取り扱っていなかった、という経緯がある、とのことである[23]。

出典 https://ja.wikipedia.org

虐待を「民事」というふうに捉えているという時点で何かがおかしい気がします。
個人的に、「児童虐待」というのは「暴行罪」に該当すると思います。
「いじめ」にしても「いじめ」という言葉で済まさずに「暴行罪」として介入するべきだと思います。
また、警察が介入する状況にないのでしたら、児童相談所などの組織にもっと強い権限を持たせてもよいのではと思います。

◎児童虐待を減らす方策

虐待かもと思った時などに、すぐに児童相談所に通告・相談ができる全国共通の電話番号です。
「児童相談所全国共通ダイヤル」にかけるとお近くの児童相談所につながります。
通告・相談は、匿名で行うこともでき、通告・相談をした人、その内容に関する秘密は守られます。

これまで、児童相談所全国共通ダイヤルは10桁の番号(0570-064-000)でしたが、覚えやすい3桁の番号にして、子どもたちや保護者のSOSの声をいちはやくキャッチするため、平成27年7月1日(水)から「189」(いちはやく)という3桁の番号になります。

出典 http://www.mhlw.go.jp

2015年から三桁の番号に変更されたようですね。
私自身も、近所などで気になることがありましたら即、電話してみようと思います。

◎児童相談所全国共通ダイヤル

いずれにせよ、児童の虐待に関しては、周りの人がもっと関心をもって積極的に行動さえすれば防げた向きのある事例も多々、存在するような気がします。

「みて見ぬふり」がいちばんいけません。

わたしたちが関心をもって行動すれば、幼い命が救われるのですから。

この記事を書いたユーザー

アカンな~同好会 このユーザーの他の記事を見る

ツイッター
https://twitter.com/jose1106
アカンな~同好会【ラーメン編】
http://ameblo.jp/jose-r-b/

宜しくお願い申しあげます

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス