テクノロジー文化は急速な勢いで変化を遂げています。いよいよ、ついにこんなものまで開発される時代になりました。日本でもスマホやタブレットでも有名なSamsung(サムスン)が「スマート冷蔵庫」を開発したのです。

「あっ!あれを買い忘れた!」そんなあるあるももう不要⁉

出典 https://www.youtube.com

恐らく女性のほとんどが日々買い物をするでしょう。冷蔵庫の中にあったものを思い出し足りないものを買い足す時に、メモを持ってこない人はついうっかり「えっと、何がなかったっけ?」と思ったり、あると思っていたものが実はなかったりして家に帰って冷蔵庫を開けた時に「しまった!」と思ってしまうことも少なくないはず。

「Family Hub(ファミリー・ハブ)」と呼ばれる冷蔵庫

出典 https://www.youtube.com

冷蔵庫を家庭内の「ハブ」として利用してほしいという願いからFamily Hubという製品名が付けられたそうですがこの冷蔵庫の凄いところは中にカメラが設置されていて、スマホと情報を共有できること。出先でスマホ操作により、冷蔵庫の中に何が足りないかを瞬時にして伝えることができるわけなのです。

ドアを閉める度に中の様子をカメラが自動的に撮影し、スマホで常に確認できるために余分な買い物をせず、足りないものを忘れず買い足すことができるという効率の良いライフスタイルを生み出すのです。

これさえあればメモ要らず

出典 https://www.youtube.com

筆者は買い物に出る前には必ずショッピングリストを作ります。うっかり買い忘れを防ぐためですが、年齢と共にそのうっかりが多くなってきたような気が。買い物リストが多ければ多いほどそれが起こるので、メモは手放せません。そんなうっかりをしてしまう人や、家族が多い家庭にもこれは便利ではないでしょうか。

タッチスクリーンで買い足しもできてしまう優れた機能

出典 https://www.youtube.com

いわばタブレットやスマホのスクリーンが冷蔵庫に付いたということで、その便利性は恐らく私たちは容易に想像できることでしょう。タッチスクリーンで足りない食材を購入することもでき、デリバリーを頼めばPCやタブレットを使う必要すらないのです。

当然、メモ代わりにも使える

出典 https://www.youtube.com

家族の予定を書き込んだり、写真を写し出すことも可能。スマホのように天気予報さえ冷蔵庫でチェックできるという時代になってしまいました。日本ではまだ発売は未定だそうですが、お値段がかなり高いのではと想像する筆者。

今年の春にアメリカで発売開始ということだそうですが、売れ行き具合が気になるところ。このハイテクな冷蔵庫、「機械はダメなのよ」という高齢者の方にも実は便利なのではと思う筆者。年齢と共に増える「うっかり」をタッチパネルで瞬時に解決できるので、値段さえお手頃価格であればきっと幅広い年齢層に好まれることでしょう。

何でも指先で解決できる時代になって感心する一方で、アナログな商品が廃れていくのはちょっと悲しくもあります。昔ながらの職人さんが心を込めて手作りした商品などもいつかこの世から消えていってしまうのでしょうか。

でも時代は進化し続けます。この急速なハイテクの波に毎回乗り切れていない筆者ですがあなたはこのfamily Hub、どう思いますか?

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス