記事提供:まぐまぐニュース!

あっという間に年が明けて、間髪入れずに仕事始めとなった感のある2016年のお正月。

メルマガ『NEW YORK 摩天楼便り-マンハッタンの最前線から-by高橋克明』の著者である高橋克明さんは、年越しは今年も仕事でタイムズスクエアのカウントダウンに行ったとのこと。

でも実は、元日になった時間帯にあの定食屋「大戸屋」が大行列していたとか。日本では超おなじみだけど、NYでは客が並ぶその理由とは…?

90分待ち!?ニューヨークでは超満員な日本の定食屋

少しでもNYを身近に感じて頂くため、そしてNYに興味がない方にも、この街を書くことによって、日本で暮らすことの素晴らしさ(あるいは、ちょっとヘンなとこ)諸々に気付き、日々の生活に反映して頂けたら、これ以上ないほど嬉しい。

今年も書き続けていきたいと思っています(てか、笑って頂ければそれで十分です!)

今年も年越しはタイムズスクエアのカウントダウンの取材に行ってきました。シゴトです(苦笑)、5年連続。

プライベートも入れれば10年連続(こんなことなら、プライベートで行かなきゃよかったよ)さすがに来年あたりからうちの若い社員にバトンタッチしたいところです(もちろん、現場に着いたら着いたで楽しいんだけど)。

元旦には昨年同様、家族で大戸屋NY店に行きました。

え!?お正月に大戸屋!?元旦にあの、ファーストフード並みの大戸屋?

日本の方は驚くかもしれませんが、こっちの「OOTOYA NY」は、チップタックス合わせると、ちょうど日本の3倍の価格設定です。内装も少し小洒落て、実は高級とまで言わないけど、少し高いレストランになります(料理は日本とまったく同じだけど)。

例えば、日本でデートに大戸屋や一風堂に連れて行くとぶっ飛ばされると思いますが、こっちで大戸屋、一風堂に連れて行くと、基本、みんな目がハートマークになります。日本人、アメリカ人、ともにです。

クリスマスイヴもカップルで超満員で、満員過ぎて予約は受け付けてません(大戸屋がだよ 笑)。

料理は日本のそれとまったく同じだけど、日本とまったく同じってことはニューヨークでは素晴らしく美味しい部類に入ります。

オフィスから歩いて5分の所に大戸屋ミッドタウン店はあるので、僕もスタッフも割と利用していますが、少し贅沢ディナーな感じです。

今回もアペタイザーと定食二つ。ホリデーなので、少し多めにチップを置くと、$70(約8500円)。日本でふたりで大戸屋で8000円ってなかなか使えないと思います。

実は4年前のオープン時、プロモーションとして少しだけ弊紙もお手伝いさせて頂きました。で、僕は西日本の出身でしたので、もともと日本の「大戸屋」を知りませんでした。

当時はまだ関西方面に進出してなかった。東京では知らない人がいない定食屋さんでも、大阪より西は知らなかった人は多かったと思います。

なので、僕にとっての「大戸屋」はニューヨークが最初でした。ニューヨーク店の立ち上げにプロモーションでお手伝いさせて頂いた際に見た高級な内装と高級な料理が最初。なので、東京に出張で行った際に、逆にその安さと気軽さに驚いたくらいでした。

会長にもインタビューさせて頂いたのですが「日本の味をそのまま持ってきた」というところを非常にアピールされていました。そのあたりがいつもニューヨーカーが行列になっている秘訣かな、と思います。

先日、ニューヨーク一風堂店の前に、リムジンが横付けされて、中からスーツを着た日本のお偉いさんたちが出てきて入店するところを目撃しました。

おそらく日本から出張で来ている役員が、そろそろ日本食ってことで連れられて来てるのだと思います。

一風堂にリムジンで横付け

日本だと考えられない光景だと思います(笑)。とにかく一風堂も超満員。先日行ってみると「90Min!」って言われました。ラーメン一杯に1時間半待つ気はない僕たちはそのまま帰りました。

とにかく僕たちの中では超満員でなかなか入れない、というイメージなので、逆に足が遠のくくらいです。

ちなみに味は日本のそれとまったく同じです。

とにかく大戸屋も一風堂も超満員。地元のニューヨーカーでいつも大盛況です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス