目覚めると目の周りに「目ヤニ」がついていることってありますよね

Licensed by gettyimages ®

すがすがしい朝、目の周りに乾燥した目ヤニが付いていることってありますよね。

ひどい時なんか目ヤニが接着剤のようになって目が開きづらいなんてことも…。

しかし、目ヤニができてるタイミングって朝起きたときだけですよね。

日中に目ヤニが出ないのには一体どんな理由があるのでしょうか?

そんな疑問に答えてくれたのが1月12日放送の「ありえへん∞世界」

出典 http://www.tv-tokyo.co.jp

そんな疑問に答えてくれたのが1月12日に放送された情報バラエティ番組「ありえへん∞世界【世界の衝撃映像&衝撃ハウス&新常識2時間SP】」(テレビ東京系)

番組では両国眼科クリニック・岩崎院長の協力の下、日中の目ヤニについてこのように説明しています。

日中は”まばたき”によって目の内側へ洗い流されているという目ヤニ

Licensed by gettyimages ®

そもそも目ヤニとは目の老廃物などが固まったもの。

眠っている間は瞬きが出来ないため目の中へ老廃物などが溜まり固まってしまう。

しかし、起きている間は”まばたき”をすることにより、これら老廃物を目の”内側”へ洗い流しているんだそう。

そうして「目ヤニ」は「鼻クソ」になるといいます…

Licensed by gettyimages ®

そして洗い流された老廃物は涙袋を通り鼻へ…。

そうして鼻で鼻水やほこりと一体化した目ヤニは、鼻クソとして認識されることになるんだそう…。

この目ヤニの衝撃的な進化にはツイッターでも多くの人が驚きの声をあげています。

まさか起きている間は、目ヤニが鼻クソになっていたとは…。

目ヤニにまつわる意外な事実、人間の体って本当によくできているんですね。

この記事を書いたユーザー

amaneck このユーザーの他の記事を見る

記事を読んでいただきましてありがとうございます。ネットでちょこちょこ記事を書いている神奈川県在住の副業ライターです。個人的に気になったことをお伝えしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス