さて、居酒屋や飲食店でのレシートをしっかり見てますか?
見ていない人がほとんどかもしれません。そりゃ酔っぱらった状態なので、会計済ませたら次どこ行くかぐらいな感覚ですがちょっと注意が必要です。

ステーキ店でぼったくりバーを思わせる会計が話題に

会計を見ると大人2名
ウーロンハイ30個
レモンサワー28個
となっています。

これには食事をした本人もびっくりしているようです。

常識的に考えてこんなに飲めるわけがありません。悪意を持った水増しに呆れているようです。
もしかしてお店のミスかも?

当然、間違えであるならば差額分は返してもらうのが筋ですからね。

お店側の説明

お店側の言い分は「焼酎濃い目で頼むと金額が5杯分の計算になるので合っている」とか。なるほど、言い分はわかる気がしますが、5杯分とはさすがに取り過ぎてますよね。

それでも、注文を受けた際にそういう説明があったのか?なかったのかが気になる所です。

この動画を見る限り事前に説明もなかったようです。
なかった為に非を認めて返金に応じたのでしょう。

問題点は
メニューにそのことが記載されていたのか?
注文時に事前に説明があったのか?

あるとすれば、ここまでこじれなかったはず。

しかし、問題はそればかりではありません「焼酎濃いめで頼むと金額5杯分だから計算は合ってる」と堂々と説明しているところを見ると、他の多くのお客さんに平然とやっているかもしれないということです。
まさに、氷山の一角かもしれないというわけです。

酔っ払い相手だから気がつかないだろう、もしくはお客さんを騙している感覚がマヒしている可能性もあるわけです。

楽しいお酒の席ではありますが、もし、何の説明もなしに納得のできない焼酎の数にされるかもしれないと思えば怖くて利用したくないのが心情でしょう。

多くの飲食店は安心して飲める店ばかりでしょうが、お店で利用したレシートは次の日でもよく見て納得がゆく金額か確認したほうがいいようです。

この記事を書いたユーザー

クロダアキヒロ このユーザーの他の記事を見る

最近分かった事なんですけど長文読むの苦手です。もちろん長文書くのも苦手だったりします。なので、Twitterで話題性のあることを中心に今は書いています。

得意ジャンル
  • 話題
  • マネー
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス