欧米のTwitterでは野生のリスが激太りしている写真が多く投稿され、暖冬による影響ではないかといわれています。

リスたちは寒い冬に備えて脂肪をつけ冬を越すそうです。
なので、この時期はわりと太って見えるリスがいるようですが、今年は以前にもまして肥満化しているようです。

暖冬で餌が見つけやすく豊富なのかもしれません、また植物の開花も早く収穫も早まっているようです。

日本でのネットの反応は可愛すぎるという声が大半です。
ただやはり、肥満を心配する声も聴かれます。

イギリスでは小鳥用の餌置き場が荒らされるそうで、ネズミ扱いだそうです。
日本のまるまる太ったドブネズミみたいな感覚ですかね!?
1匹2匹見る分にはいいかもしれせんが繁殖力が高く増えすぎると嫌われる存在になるようですよ。

シマリスは基本的に冬眠する動物。
リスの中では冬眠しない種類も、冬毛になりモフモフ状態に。太ったリスたちは冬眠せずに冬を過ごす種類なのでしょう。

リスがこれだけ太っているからには他の動物も今年は太っているかもしれませんね。

人間で言えば糖尿病になりそうなですが、リスのカラダも太り過ぎはさすがによくないでしょう。

リスの天敵と言えばタカやフクロウなどの猛禽類ですが、こんなに太ってしまって逃げられるのでしょうか?

日本も今年は雪が少なく過ごしやすいですし、農作物を荒らすサルも太っているようです。他のイノシシやシカなどもきっと数が減らずに農作物の被害が増えるんじゃないかと心配してしまいます。

太ったリスを見るのはカワイイ感覚ですが、健康的には思えないほどの太りっぷりです。

人間界も食べてばっかりいるとこのリスのように太ってしまうという、わりと共感する気持ちでリスたちの写真を眺める人も多いかもしれませんね。

米ではトラックが横転して大量のナッツが散乱で

過去のアメリカのニュースでは
大量のナッツが道に散乱、その2週間後の肥満化したリスが話題になりました。

基本リスは太りやすいのですかね?

野鳥のエサ箱に入って動けないリス

出典 YouTube

大量にあった野鳥のエサ箱はほとんど食べつくした結果肥満化し動けない状態に、逃げる気力もないようです。

この記事を書いたユーザー

クロダアキヒロ このユーザーの他の記事を見る

最近分かった事なんですけど長文読むの苦手です。もちろん長文書くのも苦手だったりします。なので、Twitterで話題性のあることを中心に今は書いています。

得意ジャンル
  • 話題
  • マネー
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス