記事提供:秒刊SUNDAY

ケンタッキーといえば、最近ではもはやクリスマスの定番というイメージで、それ以外の季節ではあまり消化されないような感じがします。

でもたまに食べるとものすごいおいしく感じるから不思議ですということで、たまに食べるのが吉なのかもしれませんね。

ということで、実はあのケンタッキーのロゴにとんでもない秘密があるようです。

こちらのカーネルサンダースのイラストを見ていただきたい。

どこにでもあるケンタッキーのカーネルおじさんのイラストだが、視点を変えればとんでもないお笑い画像にみえてくるようだ。その方法とは…

カーネルおじさんのリボンが体に見える…。

そう、リボンが手と足にみえるというのだ、そんなことがあるか!カーネルおじさんがそんなに面白い画像に…見えてきた。

そう、確かにカーネルおじさんのリボンが手足に見え、笑顔をまき散らしながら小さな手足をバタバタうごかしているコミカルな絵に見えてくる。

しかも、この方法を一度知ってしまうと大変だ。

次回から、リボンが手足にしか見えなくなってしまうと言う不甲斐なさ。

ケンタッキーの前を通るたびに、看板を見る度に、カーネルサンダースが小さな手足をバタバタさせているようにしか見えない。

そう、どんな時もカーネルサンダースは大きな顔と笑顔で我々を魅了するのだ。

「手足は小さいかもしんないけど、みんなを笑顔にさせるほど旨いものを食わせる自信は誰にも負けねえぜ」そう言っているのかもしれない。

もちろん人それぞれの解釈があってよいので皆様にお任せしたい。ということで、ケンタッキーの前を通る際、今後意識してみていただきたい。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス