最近の事件は裁判の様子が報道される機会も多くなったと思います。昔では考えられない少し変わった事件が増える一方。しかし、少し変わった事件でもテレビに取り上げられなかった「おバカ裁判」は数多く存在する。

そんな中から今回は1つ、報道されなかった面白事件を見つけたので紹介します。

「おバカ裁判」の行われた事件とは

その事件というのが「住居侵入+窃盗」。どこにでもある普通の事件のような気がするがなぜ「おバカ裁判」へと繋がるのか…疑問に思うかもしれません。実はこの犯人、知り合いの家に不法侵入し「パンツ」を盗んだのだというのです。

知り合いの家に侵入して、洗濯物として外に干してあるパンツを盗む事件は何度か聞いたことがありますが、この事件は家に入ってまでパンツを盗んだというのです。しかも知人…救いようがありません…

知人の家へ侵入方法とは

なんと、この事件の被害者となる知人というのは、犯人と同じアルバイト先で働く「同僚」だそう。犯人は、以前からアルバイト先の女の人に好意を持っていた。忘れ物をしたと彼女が勤務中アルバイト先に顔を出した。

勤務中の彼女を確認し、犯人はその隙に彼女のバッグから鍵を盗んだという。そして、盗んだ鍵の合鍵を作った犯人は、何食わぬ顔をしてアルバイト先に。そして彼女のバッグに鍵を戻した。

お、恐ろしい…

犯人はその足で彼女の自宅を訪れた。犯人はお目当てだった彼女のパンツを盗んだというわけだ。パンツ1枚のために…と思ってしまいそうだが、実は犯人が犯した罪はこれだけでは無かった。

罪を重ねる犯人

今回、アルバイト先の同僚から鍵を盗み合い鍵を作り、住居に侵入し、パンツを盗んだ犯人。これだけでもかなり罪を犯していると思います。が、事件はこれだけでは終わりません。

この犯人はパンツを盗んだついでに、浴室に隠しカメラを仕込んでいたという。最近のカメラは、服のボタンサイズの物まであるらしく、見つかる可能性は低いそうです。まさかここまでするとは…

一見すると完全犯罪がわずか一週間で逮捕

自分の欲望を見事に達成した犯人だったが、その1週間後にあっけなく犯人は捕まってしまう。ほとんど完全犯罪に近いような状態でなぜ見つかってしまったのか?

実は欲望の赴くままお風呂へ取り付けたそのカメラには、バッテリーが切れそうになると「アラーム」が鳴るというシステムが搭載されており、それによりカメラの存在に気付かれてしまったのだ。

しかもそのカメラの映像には、犯人が取り付ける最中の映像も残されており、犯人の顔がバッチリ映っていたという。これが決定的な証拠となり、言い訳をすることも許されず御用となったのだ。カメラに残った欲望の赴くまま行動していた犯人の顔はいったいどんな顔を…

これで終わりではない!「おバカ裁判」

これにて一件落着と言いたいところだが、この話にはまだ続きがある。裁判で明らかになったのだが、犯人の盗んだパンツは被害者の同棲中の彼氏の物だったのだ。なんとこの犯人は女物のパンツと男物のパンツを間違えて盗んでしまっていた。

普通に考えて気付きそうなものだが…これには少し呆れた裁判官。男物のパンツを間違えて盗んでしまっていた犯人に対し

「男物のパンツだったと聞かされた時はどんな気持ちでしたか?」

と尋ねた。すると犯人は落ち込んだ様子で

「天罰が下ったと思いました」

と言ったという。これに対しあきれてしまっている裁判官は追撃

「天罰が下るとはどういう意味ですか?」

と犯人を追求した。その質問に対し

「実はそのパンツを嗅ぎながら1人でいやらしいことをしていたのです」

と返した。それを聞いた裁判官。

「嗅いじゃったかぁ~」

と言ったという。もはや司法という垣根を越えて個人的な趣味で質問している様子な裁判官だったそうです。被害者からしたらたまったものでは無いと思います。男性物のパンツを嗅いで喜んでいた犯人。天罰が下ったのではないでしょうか…

しかし、考えられないような事件が最近増えて来ました…

おすすめ記事

この記事を書いたユーザー

takeshi このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • スポーツ
  • インターネット
  • エンタメ
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス