皆さんご存知、任天堂から発売されている人気レースゲーム・マリオカート。


マリオとその仲間たちがレーシングカートに乗って様々なコースを走り、速さを競争するというゲームです。


これまでさまざまなハードで発売されており、実際にプレイしたことがある方も多いのではないでしょうか。

そんな中、秋葉原でリアルマリオカートをする外国人が出現。


警察官に捕まり、連行されてしまったと話題になっています。

実際の画像がこちら!

出典 https://twitter.com

この画像を添付したツイートは大反響に

この画像が添付されたツイートはTwitterで話題となり、投稿されて短時間で1200リツイートを記録。


その後もリツイートが伸び続けるなど大反響となっています。

Twitterには他にも目撃者が多数存在

その後、警察に連行されてしまったようです

何だか、背中から哀愁感が漂っています…。

そもそも、どうして彼らは捕まってしまったの?

しかし、彼らは一体何故捕まってしまったのでしょうか。


少し掘り下げて考えていくことにします。

このリアルマリオカート自体は合法

今回捕まってしまったマリオ達が乗っていたリアルマリオカートは、SMC社が製造しているX-Kart 50という車種。


登録カテゴリーは「ミニカー」でヘルメットは不要。


公道走行を前提としており、一般道路では時速60kmで走ることが可能なのだとか。

では、単純な交通違反が原因?

カート自体は問題ないとなると、交通違反が原因だったと考えられます。


交通違反には駐車違反や一時停止違反、信号無視など色々ありますが、Twitterではレースをしていたいう目撃情報もあることから、おそらくスピード違反あたりが濃厚ではないでしょうか。

乗る際は交通ルールをしっかり守りましょう!

このX-Kartは気軽にレンタル出来るので実際にやってみたいという方も多いでしょうが、ボディがほとんどない上にヘルメットも不要なので、万が一事故が起こってしまった際には大惨事になることが予想されます。


乗られる際には、きちんと交通ルールを守って楽しみたいですね。

この記事を書いたユーザー

Edoward31 このユーザーの他の記事を見る

まだまだ初心者ですが、よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • グルメ
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス