古代中国の美容5果って知ってる?

古代中国の時代から珍重されてきた「五果」と呼ばれる果物はご存知ですか?

正解は、

(1)桃
(2)李(すもも)
(3)杏(あんず)
(4)棗(なつめ)
(5)栗

の5つの果物を指す言葉です。

カラダに優しい天然の恵として、古来から重宝されてきたこれらの果物は、現代においても美容や健康に効果バツグンといわれています。

「なつめ」って馴染みがないけど!?

上記の五果のなかでも、「なつめ」って日本ではなかなか馴染みがありませんよね。
ですが、どうやら「なつめ」にはスゴい美容効果があると最近、話題なんです。

「棗(なつめ)を一日に3粒食べたら年を取らない」とは中国の古い言い伝え。古代中国では桃、李(すもも)、杏(あんず)、棗、栗をあわせて「五果」と呼び、五臓の働きを養う重要な果物として食用とされてきました。

出典 https://ryorisapuri.jp

確かにこの言い伝えって、「アンチエイジング」に通じるものがありますよね。

漢方薬の世界においても「なつめ」の薬効は高く評価されてきました。なつめの成熟した果実を乾燥させたものは「大棗(たいそう)」と呼ばれ、冷え・むくみ・貧血・婦人科系の疾患に効果があるといわれて利用されてきたのです。

出典 http://getnews.jp

健康面でも効果が期待できそう。

ちょっと調べてみると、「なつめ」の美容効果は、あなどれない様子。
そこで、もう少し細かく調査してみました。

なつめの栄養素はハンパない!

ナツメはタンパク質・ビタミンB9(葉酸)・カリウム・カルシウム・マグネシウム・リン・鉄・食物繊維をはじめとした重要なビタミンやミネラルを豊富に含んでいます。

出典 http://natsumepowerset.com

いろいろ調べてみると、なつめに含まれる栄養素は美容・健康に欠かせないと言われる成分がたっぷり含まれています。

なんと、なつめ100g中に、カリウム810mg、カルシウム65mg、タンパク質3.9g、ビタミンB9(葉酸)140μg、食物繊維12.5mgなどなど…多くの栄養素を含んでいるそう。

小さい実の中にギュッとイイ成分が凝縮されているから、古代中国でも珍重されてきたのかも。
納得の数値ですよね。

食べ方は意外とカンタン…!?

でも、なつめってどんな風に食べればイイの?って思いますよね。
調べてみると、いろんなお料理に応用できるみたいです。

出典 http://recipe.rakuten.co.jp

なつめご飯。 乾燥なつめを使って炊き込むだけ!

出典 http://recipe.rakuten.co.jp

なつめの砂糖漬け。ちょっと時間はかかるけど、手間なしで煮込めるよう!スーパー美容食ですね。

でも、お料理は苦手〜! という人には、ドリンクもありましたよ!

天然のアンチエイジング食材は嬉しい!

近年は空前のアンチエイジングブームですが、中身がよくわからないサプリを続けることに不安を抱いている人も少なくありません。

今回の古代中国で伝わる「五果」のように、昔から人々に親しまれている食材ならば、続けるのに安心ですよね。


ぜひあなたも、天然のアンチエイジング食材を積極的に取り入れて、本気のインナービューティに取り組んでみては?

この記事を書いたユーザー

黄緑きいろ このユーザーの他の記事を見る

Spotlight、by.Sでコラムを掲載するライター。コスメ大好き!お買い物大好き!ひとと会うのが大好き!

権利侵害申告はこちら