皆さん『Ugly Christmas Sweaters(アグリー・クリスマス・セーター)』をご存知ですか?

ファッショニスタも躊躇するという…『Ugly Christmas Sweaters(アグリー・クリスマス・セーター)』。アグリーとは英語で「醜い」という意味で、ダサければダサいほど、センスが悪ければ悪いほど良く、日頃、絶対着ないようなセーターをあえて着て、互いに笑い合って楽しむという…日本人には到底理解できないイベント。

↑はヘビー級元王者“マイク・タイソン”氏をデザインしたクリスマスセーターですが、あまりに突き抜けたセンスに…もはや言葉を失います。

なお、アメリカでは冗談抜きに流行っており、日本でもフワッと話題になったのですが、クリスマスが終われば、誰も見向きもしなくなるこのアグリー・セーター。(笑)ですので、当然の如く現在、オンライン通販Amazon(アマゾン)で投げ売りが始まっています。

物によって80%offという…もはや投げ売りに近い状態で売られているアグリー・クリスマス・セーター。では、制作した業者の事が心配になる…在庫過多なセーターたち。一挙にご覧下さい!

基本的に下品なデザインが多い『アグリー・クリスマス・セーター』。しかし、アメリカ人のセンス…本当にブッ飛んでいますよね。(笑)

なぜ、猫の目からビームなのか。理解に苦しみます。

いかがでしたか?

昨年のクリスマスにはこのアグリー・クリスマス・セーター。少しだけ日本でも話題になっていましたが、ハロウィンが年々盛り上がりをみせているように、今年はこのセーター。昨年以上に流行る!?と予想されます。定価で買うのは躊躇しますが、今なら、投げ売り価格で手に入れる事が出来ますので、アマゾン(USA)で『Ugly Christmas Sweaters』と検索し、自分にピッタリの1枚。見つけてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス