記事提供:Doctors Me

医師をはじめとした専門家が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
薬局・薬店で受け取る薬の袋には「食前」「食間」「食後」など、服用方法が記載されています。このような飲み分けはどうして必要なのでしょうか?

今回は服用のタイミングなど、薬の用法について、薬剤師に聞いてきました。

「食前」「食間」「食後」それぞれの正しい意味は?

1.「食前」とは
「食前」とは、食事のだいたい30分前から60分前に薬を服用するという意味です。

2.「食間」とは
「食間」とは、決して食事をしている間に服用する意味ではありません。食事をして、だいたい2時間後くらいに薬を服用するという意味です。

3.「食後」とは
「食後」とは、食事をしてからだいたい30分以内に服用するという意味です(30分後でもかまいません)。厳密に30分である必要はなく、胃の中に、まだ食べたものがある状態で薬を服用するという意味です。

食前に飲むのはどんな薬?

食事の前は胃の中は何も入っていない状態ですので、薬を服用すると、すぐに溶けて体内に吸収され、薬の効果が早くあらわれます。

・食前の薬で代表的なのは、漢方薬です。漢方薬は、胃の中に食べ物があると、効果が弱くなります。
・吐き気止めの薬も、基本的には食前です。何かを食べて吐き気が出る症状を止める薬ですので、当然ですね。
・食事によって血糖が上がりすぎないようにする種類の糖尿病の薬は「食前」あるいは「食直前」に服用になっています。

食間に飲むのはどんな薬?

食事をしてから、だいたい2時間が経つと、胃の中は消化されて食べた物がなくなり、食前と同じような状態になります。薬の種類としては「食間」に服用するのは多くはありませんが、漢方薬や胃粘膜を保護する薬は「食間」に服用する方が効果があります(漢方薬の場合は、食前でも、食間でもどちらでもよいものが多いようです)。

≪自分で食べ過ぎと思っていなくても、胃腸はもう限界かも…≫
1分で簡単チェック【胃腸のお疲れ度】を診断してみる

食後に飲むのはどんな薬?

胃の中に食べ物が多く残っている状態で薬を服用すると、薬の成分がゆっくりと吸収され、空腹状態で服用するよりも胃に負担をかけることは少なくなるようです。

食後に服用する目的は、胃に対する負担を軽減する以外にも「飲み忘れの防止」という意味もあります。1日3回飲む薬であれば、食事を無理に3回しなくても、食事をする時間帯に服用すれば問題ありません。飲み忘れたからといって、一気に3回分まとめて服用してはいけません。大切なのは、均等に薬を服用するということなのです。

薬剤師からのアドバイス

ほとんどの薬は時間帯とは関係なく、量と回数、用法を守れば薬の効果が出ます。決められた用法を守らなければ、薬の効果が出なかったり、効果が出過ぎたりします。重大な副作用が出たり、命の危険がともなう場合もありますから、薬の用法はしっかり守って服用することがとても大切です。

(監修:Doctors Me 薬剤師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス