Licensed by gettyimages ®

アーティストの収入の一つである「印税」。

単純にCDをはじめとする音源の売上に応じて入る収入、と考えている方が多いのではないでしょうか。

実は、単純に「印税」といっても様々な種類がありました。

1. アーティスト印税

Licensed by gettyimages ®

CDを作るにあたって、アーティストは「歌を録音する権利」をレコード会社に渡しますが、アーティストはただで録音権をあげるわけにはいきません。あげるかわりに、「アーティスト印税」(歌唱印税ともいう)という形で売れた枚数に応じた収入を得ます。

出典 http://utaren.com

このアーティスト印税の割合は、経験などによって変わってきます。ベテランであれば3~6%、新人であれば0.5%から1%だそうです。さらにグループであればメンバーで配分することになるので、大所帯であればあるほど取り分は少なくなりますね…。

2. 著作権使用料

Licensed by gettyimages ®

レコード会社がJASRACに支払う著作権使用料は定価の6%です。これは決まっています。

→3000×0.06=180円 がJASRACに その6%(180円)のうちのさらに6%(180×0.06=10.8円)がJASRACの元へ。

残りの94%が音楽出版社と作曲者、作詞者に渡されます。

180-10.8=169.2円/1枚あたり

を音楽出版社、作曲者と作詞者で分けます。

取り分は、新人の場合だと、音楽出版社(50%)、作曲者(25%)、作詞者(25%) が一般的です。

出典 http://utaren.com

作詞・作曲に関する印税は「著作権使用料」と呼ばれます。シンガーソングライターや、バンド内で作曲をこなしている場合、この著作権使用料が本人達の収入となるのです。

一時はプロデュースされることがステイタスでもありましたが、こういった裏事情を聞いてしまうと自分たちで作詞・作曲が出来る方が印税収入アップにつながることがわかりますね。

3. カラオケなどの印税

Licensed by gettyimages ®

また、アーティストの印税収入はCDだけとは限りません。たとえば楽曲がカラオケで歌われれば、一曲あたり2~7円程度の「カラオケ印税」も入りますし、最近ではmp3などのダウンロード市場も規模の拡大を続けています。

出典 https://narrow.jp

私たちがカラオケで歌うだけでアーティストの印税収入に反映されます。

ですから、カラオケで歌われやすい曲をリリースすると、収入アップに繋がるのです。また、iTunesやGooglePlayなどの音楽配信も印税の対象になります。

では、印税収入が多いアーティストにはどんな特徴があるのでしょう?

それぞれの特徴をあげていきたいと思います。

「女々しくて」で1億円稼いだゴールデンボンバー

出典 https://twitter.com

4年連続「女々しくて」で紅白出場を果たしたゴールデンボンバー。ボーカルの鬼龍院さんは、同曲の印税で1億円入ってきたことを明かしています。

彼らの場合、CD売上や鬼龍院さん自身で作詞・作曲をしているだけではなく、カラオケ印税が大きな割合を占めていました。

ゴールデンボンバーの楽曲「女々しくて」を、「カラオケチャート連続首位 2013年著作権使用料No.1」と紹介した。

鬼龍院によると、カラオケで一曲歌うたびに2円の印税が入るそうで、「日本中で歌われていると、まあ...だんだん多くなってくる」と、歯切れ悪くコメントした。

出典 http://news.livedoor.com

なんと2013年はカラオケチャートの首位を独占!著作権使用料のNo1に君臨していたのです。

ノリのいい曲ですし、それだけ多くの人に愛されたとも言えます。

圧倒的なCD売上記録を誇るB'z

Licensed by gettyimages ®

日本のアーティストで最もCDを売り上げているのは、ロック界の雄であるB'z。

2位のMr.Childrenに2300万枚の大差を付けての1位ですから、圧倒的としか言えません。加えて作詞・作曲もそれぞれ稲葉さん、松本さんがご自身で担当していますから、著作権使用料も収入になります。

プロデュースで収入を得ている秋元康

出典 http://woman.infoseek.co.jp

アイドルのパイオニアである「おニャン子クラブ」、そして現在は48グループのプロデューサーの秋元康さん。

48グループだけではなく、多くの作詞を手がけているため、かなりの著作権使用料が見込まれています。

このように自分が歌唱・パフォーマンスをせずとも、楽曲制作することで多額の印税収入を得られるケースもあるのです。

まとめると…

Licensed by gettyimages ®

多額の印税収入を得ているアーティストの特徴は、以下の4点になります。

・できるだけ少人数で活動する(アーティスト印税の単価を増やすため)
・とにかくCDや音源をたくさん売る
・作詞・作曲は自分達で行う
・カラオケで歌われやすい楽曲を作る

なかなか印税だけで生活することは難しいですが、アーティストを目指している方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたユーザー

週休二日制 このユーザーの他の記事を見る

動物が大好き。会社員であり、流浪のライターとしても活動。
興味を持ったことを色々書いてみます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス