大掃除で、ぜひとも取り掛かりたいのが、お風呂のカビ取りですよね。

室内の黒カビは、適度な温度と栄養分と湿度が揃うと増殖しやすいとされています。そう考えるとお風呂場は、カビにとって絶好の場所といえます。

なかでも、ゴムパッキンは水が溜まりやすく、ゴムに傷がついてしまうと、カビの菌が中に入り込みやすいことから、取りにくい汚れとなってしまうのです。

■カビには「塩素系漂白剤」をチョイス!

微生物であるカビは放っておくと増殖します。従って一番合理的なお掃除方法は、殺菌除去であると言えるでしょう。

殺菌方法は、市販のカビ取り剤(塩素系漂白剤)を使用するのが最も効果的だと思います。なぜなら、塩素系には、カビの細胞とカビがつくる色素を分解する優れた作用があるからです。

しかし取扱いには十分な注意が必要です。「混ぜるな危険!」と表示があるように注意事項をよく読んで使うようにしましょう。

■タイプによって違う、効果的なカビ取り方

市販されているカビ取り剤には、泡状とジェル状の2つのタイプの洗浄剤があります。

しばらく放置され、広がったカビに対しては、塗布後しばらく置いて、洗浄剤を中に浸透させる必要があります。

・泡タイプ
2~3回折り返したキッチンペーパーをゴムパッキンにあて、その上から洗浄剤をスプレーします。

洗浄剤が乾かないようにラップで覆い、しばらく湿布をします。湿布時間は30分程度。その後洗い流します。

・ジェルタイプ
ゴムパッキンのカビ部分に直接塗布します。ジェル状なので垂れずにとどまるところがいいですね。そのまましばらくおきます。

同様に、塗布時間は30分程度。その後洗い流します。

■「台所用漂白剤」に、ひとテク加えればもっと効果的に!

ポイントは、洗浄剤がカビに長くとどまることです。湿布をしたり、ジェルにしたりするのはそのためですね。

「おそうじ本舗」商品開発担当の尾崎真さんは、「ペースト」にして落とす方法を紹介しています。

材料:台所用漂白剤(塩素系)、片栗粉

使い方:片栗粉大さじ3杯に、台所用漂白剤約20ccをトロミがでるまで混ぜ合わせたらゴムパッキンに塗ります。5分ほど置いて洗い流します。

■筆者も納得!試してみる価値あり

筆者も試してみましたが、本当によく落ちました。

これは主成分である次亜塩素酸の濃度が、「カビ取り剤」よりも「台所用漂白剤」の方が高いためであるのと、ペーストにすることで、より深く浸透したためだと考えられます。

ただし、本来なら希釈して使う台所用漂白剤です。ペーストを作る際には十分に注意をし、作り過ぎないようにして試してみてください。

参考
*http://www.senjozai.jp/04_qanda.html
*http://www.tbs.co.jp/konosa/archive/20151213.html

この記事を書いたユーザー

Sumai[日刊住まい]編集部公式アカウント このユーザーの他の記事を見る

インテリアもリノベも家づくりも! 「日刊Sumai」(http://sumaiweb.jp/)は自分らしい暮らしが見つかる情報サイトです♡

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 料理
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス