様々なローンを申し込んだり、クレジットカードを作ろうとした時に、審査に通らなかったという経験はありませんか?

そんな方は俗に言う「ブラックリスト」に載っている可能性が高い事はお分かりだと思います。

そこで、審査に通らなかった場合のブラックリストについてや、その他の理由などについて、簡単に書いていきたいと思います。

■ブラックリストとは?

まず、クレジットカードやローンの申込をすると申込内容や個人情報が「信用情報機関」に登録されます。

そしてその後、契約に至ると支払いを開始する訳ですが、何らかの事情で返済が滞ってしまうと、事故情報(異動情報、延滞情報、ネガティブ情報)として登録されてしまいます。

この事故情報の事を、通称「ブラック情報=ブラックリスト」と言います。

クレジットカードやローンの申込時に審査が通らない経験をされた方は、その事故情報が信用情報機関に登録されている可能性が高いという事です。

■ブラックリストが及ぼす影響

ブラックリストに載ってしまうと、ショッピング、自動車、住宅などのローン、クレジットカードなど、申込みの際の審査に通らなくなってしまいます。

しかし載ってしまうのは「一定期間」ですので、その期間を過ぎれば信用情報機関に記載される事故情報は削除され、カードを作ることもローンも組むことも可能になります。

■信用情報機関への "事故情報" 登録期間

支払予定日より3ヵ月間支払いが遅れた場合や任意整理、特定調停をした場合は5年間、自己破産、個人再生をした場合は5年~10年間とされています。

■"審査"が通らない原因は他にも

その他に、事故情報がなくても審査が通らないという場合があります。

例えば、クレジットカードを申込むと、まず相手はこちらの個人信用情報を閲覧し、それが記録されます。「うちの会社にこういう申込がありましたよ。審査通りましたよ~、通りませんでしたよ~」など(言葉では書いてはいませんが)他社が見ても一目瞭然の内容で登録される事になります。

それを「申込情報」と言い、その情報は6ヵ月間登録されてしまいます。

そしてもし、1カ月以内に3社以上など短期間に複数のクレジットカードの申請をすると、「お金に困ってるんだな」と思われて、これを通称「申込みブラック」と言い、申込みブラックの為に審査が通らない場合があるのです。

これは一定期間(3~6ヵ月程度)情報が残りますが「事故情報(ブラックリスト)」とは全く異なります。

インターネットをしているとカード勧誘のバナーを沢山見かけますが、一気に申し込んでとこの一覧にずらっと並んでしまうので危険です。申込ブラックになった時は、最低半年は間をあけて、必要なカードかどうかしっかり見極めて申し込みましょう。

■信用情報機関とは

信用情報機関では、信用情報の収集および加盟団体への提供を行っています。

たとえば銀行であれば全国銀行協会というようにそれぞれ業界団体を組織しています。銀行やクレジットカード会社、消費者金融等、銀行業や貸金業など、母体となる組織の違いによって次の団体があります。

■信用情報機関に登録される内容とは

①個人情報
氏名、生年月日、自宅住所、自宅電話番号、勤務先名、勤務先住所、勤務先電話番号

②借入・契約商品の情報
契約先名称、契約日、借入金額、利用限度額、返済回数、支払残高、次回返済日

③ブラックリスト状態
3ヶ月以上の延滞レベルの"異動"や、自己破産・任意整理・個人再生・特定調停に付随する事故情報も明記されます。

④入金履歴(支払い履歴)
CICでは過去24ヶ月以内の入金履歴が事細かに登録されています(クレジット会社によっては延滞しか登録しない場合あり)。正常に入金したという情報が多く登録されていればプラスに、未入金や一部入金など延滞情報ばかりの人にはマイナスになります。

⑤クレジットカードの保有状態
適切な枚数を長期保持しているだけでも審査にプラス。

⑥クレジット申込み件数
先ほどの、クレジットカードの申込情報ですね。過去半年分の履歴が残り、申込履歴が多いと「多重申込み」となり申込ブラックになってしまいます。

過去にクレジットカードを作ったことがない場合や、融資を受けたことがない場合は何も情報が登録されていません。その場合、20代前半など真っ白でも不思議ではない年齢以外は、審査が厳しくなる場合もあります。

信用情報機関では自分で資料を取り寄せることができますので、一度見てみるのも良いかと思います。各ホームページでチェックしてみてくださいね。

クレジットカードはとても便利なもの。収入に見合った借入と滞りのない返済を心がけて上手に付き合って行きましょう。

この記事を書いたユーザー

苺いちえ このユーザーの他の記事を見る

Twitter、Facebookでのシェア大歓迎です♡よろしくお願いします♪

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス