英国王立造幣局(Royal Mint)は2016年1月1日、7種類の記念硬貨を公開しました。今年で没後400年になるイギリス出身の作家ウィリアム・シェイクスピアや、絵本作家ビアトリクス・ポター(ピーターラビットの作者)の生誕150周年を記念したデザインが登場しています。

全7種類の2016年記念硬貨

記念硬貨のデザインは全部で7種。コイン蒐集家はもちろん、シェイクスピアのファンやピーターラビットのファンからも「ほしい!」の声が上がっている素敵なデザインです。

ウィリアム・シェイクスピア

出典 http://www.royalmint.com

代表作「ロミオとジュリエット」や四大悲劇「ハムレット」「オセロー」「マクベス」「リア王」などを世に出した英国の作家ウィリアム・シェイクスピア(1564-1616)。2016年は没後400年にあたります。

出典 http://www.royalmint.com

デザインは左から順に「喜劇=道化師(帽子)」「歴史劇=王冠と剣」「悲劇=骸骨」です。
個人的な感想ですが、今回の7種類のデザインの中で断トツでカッコいいコインです。海外では薔薇とドクロのデザインを見て「タトゥーにしたい」と言い出すファンもいました。

ビアトリクス・ポター

出典 http://www.royalmint.com

ピーターラビット」の生みの親、絵本作家ビアトリクス・ポター(Helen Beatrix Potter:1866年7月28日 - 1943年12月22日)生誕150周年記念デザイン。(表は一般硬貨と同じくエリザベス女王です)

ヘイスティングスの戦い

出典 http://www.royalmint.com

ヘイスティングスの戦い(Battle of Hastings):1066年
ヘイスティングスはイギリスの地名です。1066年、「征服王」と呼ばれたフランスのノルマンディー公ギヨーム2世(ウィリアム1世)とイングランド王ハロルド2世の軍との間で起きた戦争が「ヘイスティングスの戦い」です。戦いに勝利したギヨーム2世はこの後12月25日にウィリアム1世として即位し、ノルマン朝を開きます。グレートブリテン島全体を支配していきました。2016年で、ちょうど950年目ですね。

ロンドン大火

出典 http://www.royalmint.com

ロンドン大火(The Great Fire of London):1666年
当時木造家屋が多く道も狭かったロンドンで起きた火災で、4日間も火が燃え続けたといいます。死傷者の数は少なかったものの、大都市ロンドンが炎に包まれてしまった記録的な火災。これがきっかけとなったのか、1681年にはロンドンで世界初の火災保険が生まれます。2016年で350年。

第一次世界大戦

出典 http://www.royalmint.com

第一次世界大戦(World War I):1914~1918年
人類史上最初の世界大戦で、主戦場はヨーロッパでした。この大戦で日本はイギリスと共に連合国として勝利しています。コインは英国陸軍の戦いを記念したデザインです。銃を肩にかつぎ、隊列を成して歩いている陸軍兵士の横顔です。

7種類、どれもイギリスの歴史に深く関わってきた出来事や人物のデザインでした。記念硬貨って素敵ですね!日本ではWebショップで取り扱っているところを探すしかないようですが、これまでコインに興味がなかった人もちょっと「おっ?」と思えたのではないでしょうか。これを機にいろいろなデザインの記念硬貨を探してみても楽しそうです。

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス