お笑い芸人であり芥川賞作家でもあるピース・又吉直樹

Licensed by gettyimages ®

お笑いコンビ・ピースとして活躍する一方で、昨年自身が執筆した小説「火花」が第153回芥川賞を受賞しベストセラーにもなった又吉直樹さん。

しかし、そんな彼もまた昔は”売れない芸人”のひとり。家賃が月2万5000円の風呂なしアパートに住み、必要最低限のアルバイトをしながらネタを作り続けてきたといいます。

そして、そんな又吉さんに関するツイートに現在注目が集まっているようです。

ツイッターユーザーのしほり(@kabosutea)さんが5日に投稿したこちらのツイート。

なんでもバイト先で知り合った方の従姉妹が昔又吉さんと付き合っていたという投稿者。

その知り合いに聞いた話によると、ある日その知り合いの従姉妹の元へ又吉さんから電話がかかってきたんだそうです。

「あの時はお世話になりました、今からでもなにかお返しさせてください」

今は別れてしまっていますが、芸人として売れる前の自分を支えてくれていた当時の彼女へ電話で感謝を伝えたという又吉さん。

この又吉さんのエピソードは多くの人にリツイートされ「又吉かっこよすぎ」「律儀だなぁ〜」など多くのコメントが寄せられています。

芸人としての成功はもちろん、芥川賞を受賞した後も決して奢ったところを見せない又吉直樹さん。

自分が成功した影で支えていてくれた彼女に恩返しがしたい。

又吉さんらしい謙虚さが伝わってくる今回のエピソード。なんだかこっちまでほっこりしてしまいますね。

この記事を書いたユーザー

amaneck このユーザーの他の記事を見る

記事を読んでいただきましてありがとうございます。ネットでちょこちょこ記事を書いている神奈川県在住の副業ライターです。個人的に気になったことをお伝えしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス