ベッキー不倫事件でLINEのスクショが流出した!

ベッキーとゲスの極み乙女。ボーカル川谷絵音さんとの不倫疑惑がマスコミを賑わせていますが、ここでみなさん気になるのが

どうしてLINEのやり取りが流出したの?

という問題ではないでしょうか。もし第三者にLINEのトーク(メッセージ)が簡単に漏れてしまうのだとしたら、それはもう他人事では済まされませんよね。

実際、筆者のところにもマスコミの方からなぜ漏れたかという電話取材が入ってくるくらい、気になる内容だと思います。

2011年から、ベッキーさんはLINEのイメージキャラクターとして採用されていたから、なおさら興味と注目を浴びる、このLINEの流出理由。

果たしてそんなに簡単にLINEのトークは他人に漏れてしまうのでしょうか?

安心してください。普通は漏れません。

少し前のLINE詐欺事件などを思い出して心配になる方も多いかもしれませんが、実はその詐欺事件を受けて、LINEの運営側もそれまで以上のセキュリティー対策をしています。

まず、LINEのメッセージを第三者が「盗聴」することが全くないかといえば、確証はありあませんが、タレントの不倫報道のために第三者がトークを盗聴できるかといえば、その可能性は非常に低いはずです。

それができてしまうと、LINE自体の信頼性が一気に地に落ちてしまいますし、もし可能だったらそれは先のLINE詐欺事件よりも問題となるはずです。

LINEが漏れる2つの条件とは

かといって、他人に全く漏れないかといえば、そうでもありません。

誰かに自分のLINEトークが漏れてしまう可能性は2つほど考えられます。

1. スマホを取り上げられる

一番シンプルな理由がこれ。

例えば不倫相手とのトークをそのままにしている状態で、誰かにスマホを見られてしまえば、当然ながらトーク画面を開かれ、覗かれてしまいます。

スマホ自体にパスコードをロックをかけた上で、LINEアプリ自体のパスコードロックを設定しておけば、トイレに行った隙に開かれてしまうことは防げますが、修羅場状態になってパートナーに「LINEを見せろ!」と迫れてて、拒否できない状態になれば…

さらにそのトーク画面のスクショを取られて、そのまま怒り狂っている相手へ画像添付でメッセージ送信されてしまうと、はい、完璧な証拠が相手にわたってしまいますよね。

これを防止するには、とにかくそういう「ヤバい」相手とのトークは随時「トーク削除」してしまうのが正解です。

トーク削除すれば、少なくとも自分のスマホから過去のやりとりを見ることができなくなりますので、証拠隠滅できるわけです。

出典著者

「設定」→「プライバシー管理」でLINE自体にパスコードロックをかけることも可能。iPhoneなら指紋認証の「Touch ID」でもロックがかけられる。

2. パソコン版に気をつけよう

パソコン版を使っている場合は、使いっぱなしでそのまま放置しておくと、見られたくない誰かにLINEのトークを見られてしまう可能性があります。

パソコン版は一定時間利用しないと自動的に「ログアウト」されますが、数時間であればログインした状態のままになってしまいますから、そのパソコンを開ける誰かに見られてしまう可能性が非常に高くなります。

また、パソコン版で見られてしまっても、見られたかどうかを確認できないのも怖いところ。

そのようなやり取りをしている「LINE友だち」がいる場合は、席を離れるたびにパソコンのLINEをログアウトすることをお勧めします。

よく、勝手に他人が自分のLINEアカウントによそのパソコンでログインできるのでは?と言われることもありますが、詐欺事件以降パソコンでのログインセキュリティーが高まり、初回ログイン時に4桁のワンタイムパスワードが必要だったりするので、スマホでそのパスコードを確認しなければ、たとえアカウントとパスワードが盗まれていても、簡単に他人のパソコンからはログインできないようになっています。

今回のケースはスクリーンショットの背景から見て、パソコン版ではなくスマホ版と思われますので、このパターンではないようです。

出典著者

画像はイメージです

メッセージの誤爆にも注意

ということで、LINEの仕組みとしてメッセージが流出するという可能性は、比較的低いと言えます。

ただし最もよくあるパターンがメッセージの誤爆。

送ろうとした相手以外の人にメッセージを間違えて送信してしまうというミスを軽々んしている方も多いはず。

なんてことないメッセージなら問題ありませんが、今回のようなやり取りや自撮り写真を、万一他の人に間違えて送ってしまっていたとしたら…(もちろん今回のケースは誤爆で流出したわけではないでしょうが)

くれぐれも、この手のメッセージ送信は慎重に、そして、火遊びもほどほどに、ということですよね。

「恋愛LINE活用」LINE@で最新情報をゲット

出典 http://line.me

「恋愛LINE」はこちらから配信。スマホはURLリンクをタップで登録できます。

この記事を書いたユーザー

原久鷹 このユーザーの他の記事を見る

IT、スマホ系書籍の執筆
All About LINEの使い方ガイド
http://hisataka.net
LINE@で最新情報配信します
http://line.me/ti/p/%40mmz0178i

権利侵害申告はこちら

Amebaみんなの編集局に登録してSpotlightで記事を書こう!