度々こちらで出産で起こる奇跡を記事にしますが、今回も嘘のような本当のお話です。こんなことってあるの!?日本では考えられない!?そんな出来事がお隣、中国で起こりました。

夫婦で農業を営むルー・シャーユンさんは妊娠4ヶ月で、赤ちゃんの誕生を楽しみにしていました。その日もいつものように農園で作業をしていると、突然下腹部に激痛が走ったのです。ものすごい激痛に耐えきれず、夫に連れ添われ自宅に帰ったシャーユンさんですが…帰宅直後まさかの展開が待っていました!

早産…死産…そして

出典 http://www.pixabay.com

なんとまだ体外に出るには早過ぎる赤ちゃんが生まれてしまったのです!超未熟児で出てきた赤ちゃんは、残念にも死産でした。そこへ救急車が到着し、急いで病院へ向かったのですが…

病院に到着して念の為検査を受けることになったシャーユンさん。医師は生まれた赤ちゃんを確認しようとしましたが、その姿がありません。「赤ちゃんはどこだ!?」
なんと救急隊員が赤ちゃんを救急車に乗せていなかったのです。忘れたのではありません。意図的に置いてきたのです。死産だったのでもう必要ないと置いてきたんだと言います。

驚きはそれだけではありませんでした。検査をしてみると、シャーユンさんの妊娠は4ヶ月ではなく6ヶ月だったのです!健診を受けていなかったのか、設備や知識のない医者に診てもらっていたのか…。
6ヶ月故に、死産であると自己判断した赤ちゃんは生きている可能性があると医師は言ったのです!シャーユンさん夫婦は急いで自宅へと戻りました。

信じられない驚きの連続…

出典 https://www.flickr.com

微かな希望を胸に自宅へと戻ったシャーユンさんにまた、衝撃の事実が待っていたのです。『赤ちゃんは!?』駆け込んできたシャーユンさんに、義母はこう答えたのです『死んでいたから埋めた』と。
!!!!!…なんと!!!夫婦が救急車で運ばれている間に、義母は赤ちゃんを庭に埋めてしまったというのです!驚きと絶望で力が抜けてしまったシャーユンさん。夫のヘヨンさんは急いで埋められた場所を掘り起こしました。

死んでしまっているであろう赤ちゃんを抱え、再び病院へ向かった夫婦に更なる衝撃が走りました。医師が確認すると、なんと赤ちゃんは微弱ながらも脈を打っていたのです!生きていたのです!
整った設備の病院で治療を続ければ、この赤ちゃんは回復すると言われたのですが、シャーユンさん達にはそんな余裕がありませんでした。

しかし、命はお金に変えられないと高度な医療を受けることに決めたのです。そんなシャーユンさん達のお金は底をつき、とうとう赤ちゃんへの治療を続けていくことが出来なくなりました。
しかし幸運なことに、絶望に駆られたこの夫婦をメディアが取り上げたのです。すると瞬く間にネットで話題となり、募金活動が行われたのです。その結果、沢山の寄付金が中国全土から集まり、赤ちゃんの命は助けられることとなったのです。

沢山の人の善意により、この小さな家族に笑顔が戻りました。
国民が自分達の為に寄付してくれているのを知ったシャーユンさんたち。とっても嬉しそうですね。寄付金により、必要なケアを受けられている赤ちゃんは、現在順調に育っているとのこと。

突然の出産、そして死産、埋められたのに生きているのを確認され、助かる見込みがあるのにお金が底をつき、諦めかけていた時に沢山の人から援助され…短期間に激しいアップダウンですね。なにはともあれ、ハッピーエンドで良かったです。

この赤ちゃんの生命力と強運にはものすごいパワーが感じられますね。この後も順調にすくすく育つことを願っています。

この記事を書いたユーザー

A.Jism このユーザーの他の記事を見る

海外かぶれ✈︎のコテコテ大阪人ライターです。まだ日本では伝えられていないような海外ニュースを中心に、育児ネタ、雑学ネタを記事にしたいと思います。多くの人に感動を、そして様々な問題を考えるキッカケを与えていきたいと考えています。やんちゃな2児の育児に奮闘する傍ら、執筆活動を頑張っています★よろしくお願いします!

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス