もはや国民食と言っても過言ではないほど日本人に大人気の牛丼。


しかし、いざ家で作ろうと思ってもなかなかお店で食べるあの味は出ないですよね。

そんな中、テレビ番組でお店の牛丼を再現したレシピが放送!

1月7日放送の「あのニュースで得する人損する人」(日テレ系)で、芸人・うしろシティの阿諏訪泰義さんが有名牛丼店のレシピを再現したレシピを紹介しました。


実は阿諏訪さん、京都の老舗料亭・なだ万の元店長が独立したお店で6年程修行した元プロの料理人。


何と、一度食べた物の味を再現出来る神の舌の持ち主なんだとか。


そんな阿諏訪さんが再現した有名店牛丼店のレシピは以下の通りです。

サイゲン大介(阿諏訪泰義)流牛丼 レシピ

だし
水:約350cc
かつおだし:小さじ2
昆布だし:小さじ1
中華だし:小さじ1
白ワイン:大さじ2
砂糖:大さじ1と1/3
醤油:大さじ1と1/2


外国産牛バラ肉:200g
玉ねぎ:100g

まず、牛肉を煮込む出汁を作る

まず、沸騰したお湯に、かつおだし・昆布だし・中華だしを入れます。

続いて、白ワイン・砂糖・醤油を順に入れます。


牛丼には赤ワインを入れるようなイメージがありますが、赤ワインだとコクが出すぎてしまうので白ワインが適しているそうです。

お店の味に近付く決め手は中華だし!

阿諏訪さんによると、牛丼店のあの味に近付けるためには、牛脂が重要だといいます。


ただ、家庭に牛脂が常にある訳ではありません。


そこで、活躍するのが中華スープの素


中華スープの素にも牛脂が入っており、家庭にある品でお手軽に牛脂の旨みを加えることが出来るそうです。

お肉が縮まらないよう1枚ずつ入れて弱火で10分

出汁が出来上がると、お肉を投入していきます。


国産牛だと上品になりすぎるので、外国産のものを選ぶと再現率が高くなるのだとか。

お肉を投入する時に重要なのが、お肉を一度に入れないこと。


一度に入れてしまうとまとまって縮んでしまうので、1枚ずつ入れてやるのがポイントだそうです。

最後に玉ねぎを入れてさらに弱火で5分煮込む

シャキシャキ感を残すため、玉ねぎは最後に入れます。


厚めに切った玉ねぎを鍋に入れ、さらに弱火で5分煮込めば完成!

実際の画像がこちら!

出典 http://www.ntv.co.jp

とても美味しそうなこの牛丼。


坂上忍さんが試食したところ、「凄いわぁ!」とその完成度の高さをべた褒めされていました。

番組を見た人からは実際に試してみたいという声が続出

元牛丼屋の店員とみられる人からはこんな声も寄せられました

食べただけで店員さんも驚くレシピを再現するなんて、阿諏訪さん凄いですね!

また、作ってみた人も大満足の味だった模様!

私も今日の晩ご飯は牛丼を作ってみたくなってきました。。


みなさんもこのレシピで実際に牛丼を作ってみてはいかがでしょうか!

この記事を書いたユーザー

Edoward31 このユーザーの他の記事を見る

まだまだ初心者ですが、よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • グルメ
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス