1月7日は、七草粥を食べる日!

1月7日に七草粥を食べる!幼いころから、我が家ではこの習慣が当たり前。
1人暮らしの今でも、毎年1月7日は七草粥を作って食べています。

本来ならば、1月7日の朝に食べるものらしいです。

七草がゆ・七草粥(ななくさがゆ)・七種粥とは、
人日の節句(1月7日)の朝に食べられている日本の行事食(料理)である。

春の七草や餅などを具材とする塩味の粥で、
その一年の無病息災を願って食べられる。

祝膳や祝酒で弱った胃を休める為とも言われる。

この行事は、平安時代には行われていたが、室町時代の汁物が原型ともされている。

出典 https://ja.wikipedia.org

今年1年も元気に過ごせるように、また、邪気を払うために七草粥を食べよう!
おかゆを食べてお正月に暴飲暴食した胃を休めよう!

この2つが、七草粥を食べる大きな理由なようです。

スーパーに売ってるセットで、七草粥作ってみた。

出典筆者撮影

毎年、1月7日が近づくと売られている「七草セット」。
夕方に行くと売り切れている店舗もあり、七草セットを求めてスーパーをはしごする日もあります。

実質、七草を積んでくるのは困難。
毎年、七草セットにはお世話になってます。

出典筆者撮影

7種類、分けてみました。

出典筆者撮影

七草、きちんと全部言えますか?
それぞれに、こんな意味があるようです。

セリ = 競り勝つ
ナズナ = 撫でて汚れを除く
ゴギョウ = 仏体
ハコベラ = 反映がはびこる
ホトケノザ = 仏の安座
スズナ = 神を呼ぶ鈴
スズシロ = 汚れのない清白

出典筆者撮影

まずは、全部をざっと水洗い!

出典筆者撮影

ざっ!と洗って、それぞれ適当な大きさに切って、塩ゆでします。

出典筆者撮影

硬いもの⇒葉っぱの順番で湯がいて、とりだします。

そのあと、普通通りにおかゆを作ります。(個人的な作り方です)
冷凍のごはんをチンッ!して、お鍋にご飯をうつして、ご飯がひたるくらいに水を入れて、火にかけてグツグツ煮ます。

ぐつぐつ煮えてきたら塩で味付けして、七草を入れて、火を止めて蒸らして完成!

七草粥、完成!

出典筆者撮影

あっ!という間に出来上がりました!

いかがでしたか?

1人暮らしを始めて、七草粥食べない!
結婚してから、作っていない。

そんな方も、七草パックなら300円程度で手に入れることができ、簡単に七草粥を作ることができますよ!

今日、まだ七草粥食べてない・・・という方、晩御飯に七草粥、いかがですか?

この記事を書いたユーザー

nanana このユーザーの他の記事を見る

by.S公式ライターのnananaです。

福岡出身・在住の30代。
自由気ままに、福岡からいろいろな情報を発信していきます。

作成した記事は、企業様・作成者様の許可をいただいてから掲載しております。記事の内容に関するお問い合わせは、下記HPの「お問い合わせ」からお願いいたします。

また、記事の執筆依頼も、お気軽にお問い合わせください。

SITE >>> http://cosme-review.blush.jp/

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • 音楽
  • スポーツ
  • インターネット
  • 暮らし
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス