記事提供:まぐまぐニュース!

年末年始に家族ですき焼きを食べた方も多いのではないでしょうか。

もちろんスタンダードな牛肉に生卵もとってもおいしいのですが…無料メルマガ『独身男性が自分で作る簡単!腹いっぱい!ガッツリレシピ』では鶏肉で作る激ウマなすき焼きのレシピを紹介しています。

柚子ポンで!?ガッツリ!鶏すき焼き鍋

gatugatu 佐藤です。

今回は、「隠し通すつもりだった驚愕の『すき焼き』」を、あなただけに伝授します。

私は、いずれOPENする自分の店でお客さんに高額で売りつける料理を5~6個、隠秘(いんぴ)しています。どれも、お客さんに100%「旨い!」と言わせ、美味しすぎて号泣しながら財布の紐を緩ませる自信のある料理ばかりです。

が、ず~~っと誰にも教えず隠し通しているケチクサイもう1人の自分に気づきました。

「あんなに簡単で旨い料理、何で大事な読者さんに教えてやらんのや!このドケチ野郎!」「儲けが減るやん…けど、1つならいいか…」

決心しました。究極の料理の「1つ」をあなたに伝授することに。

ブログにレシピを書き込んで寝ました。が、寝られません。一番金になる料理かもしれないので気になってなかなか寝つけませんでした。儲けて大金が欲しいのでレシピを書き込んで後悔してます。

今日もすぐに寝つけないかもしれませんが、あなたが簡単で美味しい料理を作れて食えて喜んでくれるなら本望です。

後悔しながら公開します。

その料理は、「鶏肉のすき焼き」。

「はぁ?鶏のすき焼き…」と思わないでください。普通のすき焼きではありません。「牛肉でなく鶏肉を使う」、そこではありません。

普通でないのはこれ、生卵でなくポン酢にべちゃべちゃ付けながら食う。しかも、「柚子100%の果汁」のポン酢。白いポン酢。

「何か酸っぱいすき焼き!?」と思うくらいで多分、味を想像できないと思います。最高に旨い割合のすき焼き出し汁「究極の割り下」を使い、骨付きのぶつ切り鶏もも肉と鍋野菜たちをそれでグツグツ煮込みます。

ぶつ切り鶏肉の骨から溶け出す旨みとコクが、出し汁を超舌的に美味しくします。野菜も美味しくなるのは当然。

このまま食っても牛肉に負けないほど旨いのですが、柚子100%ポン酢を付けて食うと不思議な甘みを感じ、あなたは味わったことのない、驚愕の味覚の世界を体感できます。

「究極の割り下」は、

水1酒1濃口醤油0.9砂糖1弱

の割合で合わせるだけ、簡単です。「水」の代わりに「カツオ出し」を入れる職人もいますが、「余計なことすんな!」と言いたい。「肉」が「出し」です。水で十分、激旨になるのです。

鍋の野菜は何でもいいです。白菜、キャベツ、玉ねぎ、白ネギ、しめじ、えのき、ごぼう、こんにゃく、春菊、豆腐、ほんとに何でもありです。勝手に美味しく焚けます。

今回のレシピには「せり」を使いました。若干癖のある香りとえぐみが鶏肉の臭みを抑えます。

柚子ポン酢は、柚子1個を搾るだけ、丁寧に果汁だけを摘出するために濾したりしません。果肉ごと使い、面倒な手間をかけずに済みます。

ほんとに今まで誰にも教えなかったこの料理は、30代前半のころに働いた日本料理店で伝授されました。

「佐藤!知ってるか?旨いすき焼きあんねん!」

会席に「霜降り牛のすき焼き」を組み込んだメニューのときに、おやっさん(料理のお師匠さん)から聞かされました。

「鶏肉使ってな、柚子ポンを付けるんや」「あれは、うまいんやで~」

おやっさんは大阪で5本の指に入るすご腕の煮方職人のもとで直弟子として料理を学んだ方です。私も一度お会いしたことがありますが、見た目は任侠の世界の人です…。

どんな食材も旨い煮物にできるおやっさんから伝授された、「柚子ポン酢の鶏すき焼」は、間違いなく旨い!です。

詳細なレシピを作成しました。後悔の念が消えません、気が変わってレシピ消すかもしれないです。

すぐ、プリントしておいてください!

公開!鶏すき焼き鍋レシピ

【材料】
骨付き鶏もも肉ぶつ切り…300g(ぶつ切りにしてあるもの)
白菜…100g(大2枚)
しめじ…30g
白ネギ…30g(3切れ)
せり…20g(1/2束)
焼豆腐…100g

【柚子ポン酢】
柚子…1個(丸ごと1個)
塩…1つまみ

【究極の割り下(すき焼き出し)】
割合…水1:酒1:濃口醤油0.9:砂糖1弱
水…50cc
酒(清酒)…50cc
濃口醤油…45cc
砂糖…30〜35g

1. 一人鍋に【割り下】の水、調味料を合わせます

泡だて器などでよく混ぜ砂糖を溶かして超弱火にかけます。

【割り下】をジワジワ温めます(砂糖が溶けずに残っていると鍋底で焦げつくおそれがあるので)

2. 具材を切ります

白菜は、流水で綺麗に洗い1枚を半分に切ります。重ねて、茎の部分は小さめに、葉の部分は大きく斜め切りにします(熱の通りを均一にするため、厚みの薄い葉は大きく、分厚い茎は小さめに切ります)

3. 白ネギは、綺麗に洗い根元を切り落とします

根元のほうから1センチ幅で6センチの長さに斜めに切ります(3本)。根元部分は熱が通りにくいので、切った面の反対側に少し切り込みを入れておきます。

4. 焼豆腐は、2~3等分に切ります

5. しめじは、根元を切り落とします

6. せり1/2束分だけ、切り取り、流水でよく洗った後、束ねて4等分に切ります

画像は2等分にして、重ねてさらに2等分に切ってます。

7. 鍋からジンワリ湯気が出たところで、切った材料を突っ込みます

まず、白菜の茎部分を広げて入れ、その上に「ぶつ切り鶏もも肉」、焼豆腐、しめじ、白ネギ、白菜の葉の部分をのせます。

吹きこぼれない程度の火加減(中火)にして焚きます(ふたをすれば早く熱が通ります)。

豆腐や肉は、鍋底に直接あたっていると焦げ付くことがあるので、白菜を敷いてその上にのせるといいです、うどんなど麺類も同様です。

8. 焚いている間に【柚子ポン酢】を作ります

「作る」といっても柚子1個分絞るだけ。

皮部分を綺麗に洗った後、半分の輪切りにします。しぼり器を使い柚子をグリグリ、グリグリ回しながら、うっぷんを晴らすつもりで力を入れ果肉、果汁をジュルジュル搾り出します。「アノやろ~、クソったれ~~死ねッ!」と叫ぶとイイ感じで搾れます。

9. 果肉ごと果汁を器に入れます

塩を1つまみ、入れて混ぜておきます(塩を入れるだけで、柚子の味が引き立ちます)

10. 「鶏すき焼き」は5~7分焚いて鶏肉に熱が通ったら、最後にせりをぶち込みます

11. 再度ふたをして、せりが軟らかくなったら出来上がり!火を止めます

12. 柚子ポン酢を添えて完成です

まず、【割り下】の味を堪能しながら鶏肉を食い始め、次に柚子ポン酢をベッチョリつけて食ってください。

あなたが今まで食ったことのない「すき焼き」が味わえます。さっぱりで食べやすく、途中からご飯を食いたくなります。

年末で私の家族、久しくそろったので、「鶏すき焼き」を食わせました。柚子ぽんを付けた鶏肉のぶつ切りにかぶりついた親父は「旨いな!これ、食べやすい」と絶賛でした。

自信持っておすすめします、絶対!作ってみてください!!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス