出典 https://twitter.com

記事提供:Cart

2016年1月で49歳になる新日本プロレス所属のプロレスラー、中西学。

90年代から長きにわたって活躍する中西選手ですが、そのパワーの源はなんといっても食事!

中西選手は、遠征先のホテルなどで食べるビュッフェ式の朝食を「モンスターモーニング」と名付け、常人には考えられないほどの量を食べるのです。

早速、一例をご覧いただきましょう。

普通の人であれば、このこんもり乗ったサラダだけで朝食としては十分な量なのではないでしょうか?

納豆3パック、ドリンク4杯を事前に持ってきてしまうあたりにも“食べる”ことへの並々ならぬ気合いを感じさせます。

お笑い芸人の有吉弘行さんもたびたびリツイートするなど注目している中西選手の「モンスターモーニング」。以下、どどっと紹介していきましょう。

よくよく見ると、非常に健康的なラインナップですね。

名古屋ならではの味噌カツもどどっと5本!

納豆は3つありながらも、炭水化物ばかりというわけではないところがさすがです。

飲み物…8杯!

確かに、黒ウーロン茶が黒く輝いています!

やはり、メインはサラダですね。

人々の度肝をぬく「モンスターモーニング」。朝はあまり食べられない…という人は、中西選手に刺激を受けて元気な朝食ライフを送ってみては?

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス