◆ 可愛いはずの猫動画が炎上の原因に

Licensed by gettyimages ®

2016年1月4日に放送された、TBS系番組「ハッピーあにまる2016」がネット上で話題となっています。同番組内のコーナーのひとつ、「激カワ&爆笑ネコ大集合」で放送された動画サイトYouTubeの猫動画の内容に問題があるとの事。

このコーナーでは、可愛い上に賢い猫を動画を通じて紹介するはずでした。…が、お茶の間に癒しと笑いを届けるつもりが、愛猫家をはじめとした視聴者からは「猫が死ぬぞ!」といった厳しい批判が上がる結果になってしまったのです。

●探せ!噂のスーパーキャット調査隊 
いるだけで絵になる“伝説のデブネコ”から“世界一有名なネコ”まで、日本中の愉快なネコちゃんたちが大集合!奇想天外、思わず笑ってしまうネコならでは面白行動が次々に登場。

出典 http://www.tbs.co.jp

◆ 猫にチョコレートや牛乳を与えるシーンがOA

Licensed by gettyimages ®

愛猫家から「ダメでしょ!」「動画を流すな!」など厳しい批判があがってしまった、その猫動画の内容とは…?それは、ロシアンブルーのオス猫が、2本の前足でソフトクリームのコーンカップを器用にしっかりと抱え、美味しそうにペロペロと舐めているというものだったんです。また、チョコでコーティングされたアイスも美味しそうに舐めていました。
問題の動画では、飼い主の食事シーンで猫に与えていたそうなのですが、ソフトクリームや、チョコレート、アイスクリーム、そして牛乳など猫にとってはどれも死ぬかも知れない与えてはいけない食べ物ばかりだったのです。

◆ 猫にチョコレートは「毒」

Licensed by gettyimages ®

猫を飼っている方ならもちろん知っているはずなのですが、猫にチョコレートは絶対に与えてはいけません!ペットフード会社や猫の食事に関する専門サイトを見ると、猫に食べさせてはいけない食品リストが掲載されています。そのリストに必ず掲載されているのが、このチョコレートです。
1kgあたりの致死量は、テオブロミン250~500mg。例えば、体重およそ10kgの犬や猫がチョコレートを100g以上食べると、死に至る可能性があるという事です。

チョコレートに含まれるカカオの成分であるテオブロミンによって中毒を引き起こします。ワンちゃん・ネコちゃんはテオブロミンを上手に排出することができないことが問題です。
食べて4時間以内に発症し、3日ほど続くことがあります。突然死をを引き起こすことも…

出典 http://www.yamadaanimalhospital.com

◆ 人間が飲む牛乳も、猫は飲めません

Licensed by gettyimages ®

また、同番組では別の猫が搾乳している牛舎に入って行き、牛の乳をダイレクトに口で受け取り美味しそうに牛乳を飲む…というシーンも紹介されていました。
この様子を見ていた視聴者からは、「猫に牛乳はダメだ!」などと指摘の声もあがっています。乳製品や牛乳に関しては、乳糖を分解するラクターゼという酵素が少ないからで、猫だけではなく実は人間でも下痢を起こすことがあるんです。

牛乳を飲み下痢をすることを「乳糖不耐症」と呼びます。「他の哺乳類の乳を飲むこと」や「大人になってから乳を飲むこと」は、自然界ではほとんどありません。そのため、人間や猫が牛乳を飲んで下痢をすることも、無理のないことでしょう。

出典 http://inuneko-magazine.com

猫にとっては牛乳よりも猫用ミルクの方が安全であることは言うまでもありません。可能であれば、子猫には子猫用のミルクを、療養中の猫には療法食用のミルクを与えてください。

出典 http://inuneko-magazine.com

出典 http://www.morinyu-pet.com

最近では猫用ミルクも販売されていますので、できれば牛乳ではなく猫には猫用、犬には犬用の「ペット専用ミルク」を飲ませてあげてください。

◆ 猫にナッツ、も問題外です!

Licensed by gettyimages ®

さらに、アイスクリームにトッピングされていたナッツについてですが…。
ナッツに関してはセルロースを消化できない為、腹痛や下痢をする可能性があるそうなんです。チョコレートに関してはもちろん、ナッツも猫には与えてはならない食べ物のひとつです。
人間の間では美容や健康に良いとされているナッツですが、猫に与える必要はそもそもありません。

アメリカの調査機関によるとレーズン、ぶどうと同様に犬や猫に有害性があると認められています。症状は、摂取後2〜3時間後から嘔吐、下痢、腹痛、3〜5日後に腎不全を起こすそうで、重度の場合は腎不全から死亡しる事例も報告されています。※猫に関してはまだ未知数なところがあるそうです。

出典 http://nutslife.wp.xdomain.jp

◆ その他にも猫には危険な食材がいっぱい!

Licensed by gettyimages ®

猫に食べさせてはいけない食べ物はこの他にもこんなにあるんです。

★ネギ類(たまねぎ、長ネギ、ニラなど)
赤血球を破壊し、溶血性貧血やハインツ小体性貧血を起こします。
★カカオ類、チョコレート、ココアなど
カカオが中枢神経を刺激する毒素となり、不整脈や痙攣、嘔吐などを起こします。
★アボカド
アボカドに含まれるベンジンが胃腸の炎症を引き起こして死に至るケースも。猫だけではなく、野菜を好むフェレットやうさぎにも有毒なので注意!
★キシリトール
ガムなどに使われる甘味料ですが、犬や猫にとっては危険です。テーブルの上の置きっぱなしに注意をしてください。

◆ 与えた飼い主も問題だが、OAしたテレビ局にも批判が

Licensed by gettyimages ®

今回のネット上の騒動について、TBSに対し視聴者から苦情は来ているのか、そして今後どのような対応をするのかを某ニュースサイトが問い合わせたところ、「この番組に限らず、視聴者の皆様からは、日頃から様々なご意見をいただいておりますが、その内容については従来から公表しておりません」とだけ回答があったそうです。
すでにOAは済んでいる為、ネット上では当面の間はテレビ局に対するモラルのあり方や、事前のチェック、正しい知識について議論が長引きそうな予感も…。

「猫にアイスクリーム?それもチョコアイスはあかんでしょ 病気になるよTV局も動画流してないで飼い主に注意するべきでしょ」
「最近こういうテレビ多くて腹立たしいです。飼い主もだけど、制作者側が無知なのか、知ってるけど かわいいから気にせず放送してるのか...。これみてまた無知な飼い主が真似したらどうする気なんでしょう...」

出典 http://www.j-cast.com

◆ 猫を飼うなら、きちんと責任を持って!

Licensed by gettyimages ®

そういえば、筆者が子供時代は近所でも野良犬や野良猫に味噌汁をかけた残飯を与える人がいるなど、今ほどペットや動物に対しての知識が乏しい方も多かったような気がします。ですが、昨今ではペットは家族と同様に考えている飼い主さんも増えましたし、インターネットで調べればすぐにわかる事ばかりです。
動物をペットとして飼う以上、きちんと責任を持ち正しい知識を学んだ上で命を預かってほしいと思います。

この記事を書いたユーザー

nalu-3-lin このユーザーの他の記事を見る

池袋を中心としたB級ブログネタ、ハワイネタ、プチプラコスメネタ、美容と健康によい食品ネタなどを中心に記事を書いているSpotlight公式ライターです。ジュニア・スーパーフードマイスター取得。
【ブログ】池袋うまうま日記。⇒http://umalog.exblog.jp/

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • グルメ
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス