とってもお徳な「ポイントカード」の持つ最大の欠点

Licensed by gettyimages ®

飲食店やレンタルDVDなど数多くの店舗で導入しているポイントカード。とってもお得なポイントカードですが最大の欠点はかさばることです。

どうしてこんなに何種類もカードがあるのか…。よく使うカードを厳選しても財布がパンパンになってしまうといった方も多いのではないでしょうか?

そんななか総務省が新たな試みを発表しました

出典 http://www3.nhk.or.jp

総務省の仕事始め式で高市総務相が指示したのは各種ポイントカードをマイナンバーカードで一本化する」という大胆な試み。

これには各企業のポイント以外にも銀行やクレジットカードなども含まれているようで、来年春以降の実現を目指し、総務省内に新たに検討チームを発足。

この試みが実現したあかつきには財布がかさばる心配は必要なくなるかもしれません。

総務省は各種ポイントカードや銀行、図書館、商店街などのカードをマイナンバーカードに一本化できないか、検討を始める。総務省の仕事始め式で高市総務相が指示したもので、来年春以降の実現を目指す。

出典 http://www.news24.jp

総務省幹部は「磁気カードからICチップ入りカードに移すための莫大(ばくだい)な投資を行わずに済む」と企業側にもメリットがあることを強調している。

出典 http://www.news24.jp

しかし、今回の件について不思議に思う人たちは多い

Licensed by gettyimages ®

とにかく「むやみに他人にマイナンバーを提供しないように」と言われているマイナンバー。

そんなマイナンバーが記載されているマイナンバーカードをポイントカードとして利用することに対する違和感…。

多くの店舗でマイナンバーカードを提示することになるということに不安を感じる人は多いようです。

ポイントが課税対象になるのでは?との声も…

Licensed by gettyimages ®

各店舗が客を囲い込む手段として用いられることの多いポイントカード。換金することは出来なくても、貯まったポイントを使うことで値引きなどのサービスを受けられる。

このポイントをマイナンバーカードで一本化することによって、「還元されたポイントに対し課税するのでは?」といった指摘もあるようです。

購入動向を国に監視されているようで嫌だとの声も多いみたい

Licensed by gettyimages ®

近年ではフランチャイズ化も進み、マーケティングリサーチのためのデータ収集としても使われることの多いポイントカード。

マイナンバーをポイントカードをして使用することで、「国にその人の購買履歴が分かってしまう」ことを危惧する声も少なくないようです。

なんだか「不安」になってしまうポイントカードの一本化

出典 http://www.city.katsuragi.nara.jp

ネットの反応を見る限り「便利になる」というよりも、逆に「不安」になってしまうといった人は多いようなマイナンバーカードによる”ポイントカードの一本化”。

まだ”検討を始める”といった段階ではありますが、今後の展開に要注目ですね。

この記事を書いたユーザー

amaneck このユーザーの他の記事を見る

記事を読んでいただきましてありがとうございます。ネットでちょこちょこ記事を書いている神奈川県在住の副業ライターです。個人的に気になったことをお伝えしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス