99年公開のケビン・コスナー主演の恋愛映画「メッセージ・イン・ア・ボトル」を観た方もいるでしょう。一本のボトルが海へ流され、何千キロも離れた場所で誰かがそれを手にした時、ストーリーは幕を開けます。そんな映画のような出来事が現実にイギリスで起こりました。そして驚くべき展開になったのです。

ドーバーの海にメッセージ入りのボトルを流した5歳の少女

出典 http://www.mirror.co.uk

エセックス在住の双子ルーシーちゃんとエリーちゃんは、空のワインボトルにメッセージを書いてそれぞれ海に流しました。そしてルーシーちゃんの流したボトルはイギリスから2,400マイル(約3862km)離れたカナリー諸島のテネリーフという場所で一人の女性に拾われたのです。

そこからが映画のような展開に。そのボトルを拾った女性はスペイン人であったために英語で書かれた可愛い文字のメッセージを、エセックス在住の友人に翻訳してもらったところ、偶然にも手紙の主はエセックス在住だと判明。

縁が縁を呼び、スペイン人女性は是非ともメッセージを流した手紙の主に会ってみたいと思いなんとイギリスまで旅をしたのです。

手作りのドーナツを持って少女宅をサプライズ訪問

Licensed by gettyimages ®

「手紙の返事を書くよりもイギリスまで行こう。そしてこの少女に会ってみたい。」そう思った女性は少女宅をサプライズ訪問。ちょうど少女と母のサリーさん(32歳)は娘たちのバレエ教室へと出かけており外出中でした。

夫のフランクさんがスペインから来たという女性を家に上げて待っていたところに帰宅したサリーさんと双子たち。その女性がルーシーちゃんが流したボトルを拾ったこと、しかもわざわざ家にまでボトルと手作りドーナツを持って来てくれたことに大感激。

「まさかこんな展開になるとは夢にも思っていなかったわ。」とサリーさん。「子供たちが海辺で退屈だっていうから、何とはなしにしたことなの。それがこんな風に出会いを呼ぶなんて。奇跡だわ。」とサリーさんは驚きをかくせない様子。ルーシーちゃんもエリーちゃんもとにかくこの出来事に大興奮。

家族は今後も、新しく友達になったこのスペイン人女性と連絡を取り続けるつもりだとか。「何万分の一の奇跡ってあるんですね!」そう、映画のような奇跡は現実にも起こるんです。それを経験したルーシーちゃんファミリーは本当にラッキーでしたね!

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス