クリーニング店は、ほとんどの家庭で利用しているかと思います。確かに自宅で洗えないものもありますよね。自分で洗ってセーターが縮んでしまった経験のアル筆者は、お気に入りのセーターや高級素材のセーターもクリーニング店に持って行きます。

そして噂には聞いていましたが、まさかこのようなことが本当に起きるとは!!クリーニング店でのトラブル

■トラブルの内容

昨年暮れにクリーニング店に持って行ったセーターは、穴の空いていない状態でした。(主人に頼まれたセーターで本人が出す前に確認しています。)それに、穴だらけのセーターをクリーニング店に持っていく人っていますか

いつものように、支払いをして後日引き取りに行きました。引き取った際に、まさかセーターが穴だらけになっていたということを誰が予想したでしょうか?帰宅後、ビニール袋から出したセーターは見事に穴だらけでした。

夜遅く、帰宅した主人に見せたところ、最初はびっくりして言葉にもなりませんでしたが、少しして「残念だけどこんなに穴だらけなら捨てるしかないね。でも、どうしてこうなったのか理由が知りたいね。」ということで、まず私一人で翌日クリーニング店に行きました。

「すでに穴が空いたセーターを持ってきた

店員:「あなた、すでに穴の空いたセーターを持ってきたでしょ。」と真っ先に言いました。「このセーターは、古いから当然よ。」とまで決め付けられました。(横柄な態度)

私: 「こんなに穴だらけのセーターをクリーニング店に持ってくる人はいますか?これは主人のセーターで、昨日まで着ていて穴は空いていませんでした。もし、穴が空いていたなら、なんで連絡がなかったんですか?」

定員: 「お客によっては穴の空いたセーターを持ってきてその後、お直しに出すから、なたもそうだと思った。」(勝手な意見)

私: 「けんかするつもりで戻ってきたのではなく、ただ理由を聞きたいだけです。どうして穴だらけになったのか?私の連絡先も記載されているのに、穴が空いていれば連絡が欲しかっただけです。穴が空いていれば、クリーニングに出すのを止めていたはずですから。」

結局この日は、店員にお直しの店を勧められて店を後にすることに。。。

そして年明けにやっと休みが取れた主人が、クリーニング店に抗議(穴の空いたセーターを持ってきたと言われたことで、とても憤慨していたため)しに行きました。

筆者と娘は主人と店員(後で店長登場)の様子が見える範囲内にいました。言い合いしている声は聞こえませんでしたが、見事に30分。途中で警備員まで登場したりかなり話し合いは白熱したようでした。

そして、主人が録音していた30分間のやりとりを後でしっかりと聞きました。私が店員に「穴の空いたセーターですが、クリーニングに出せますか?」と言っていたことになっていて、さらに穴の空いたセーターをクリーニングに出した後、お直しに持って行くとまで勝手に話をでっち上げられていました。

最終的なクリーニング店の対応は?

最終的に店長は、今回の件は店員のでっち上げだったことに気づいたようでした。そして、セーターの穴は虫食いの典型的な(さすが、プロの目)穴なので、すでに弱っていた糸が洗濯の際に切れてしまったのではないかという結論でした。

そして、市販されていない虫食い予防の防虫剤+お直しとのことで解決しました。私だったらこんな風な結末にならなかった上、でっち上げストーリーの主人公にまでなっていたということも分かり、自分が外国に住んでいるということも改めて感じました。

■twitterでもクリーニング店の話題が

やはり、穴が空いてたら連絡は来ますよね。

その穴はいつどこで空いたのでしょうか。。。

クリーニング店の責任問題は、難しい課題かもしれません。

クリーニング店のトラブルですが、次回またいつ起きるか分かりません。今回は最終的によい結末になったかもしれませんが、クリーニング店のトラブルは今後の課題になりそうですが、皆さんはどう思われますか?

この記事を書いたユーザー

ピティーB このユーザーの他の記事を見る

海外在住のプラチナユーザー&by.S公式ライターです。主に海外での話題を発信中。どうぞ宜しくお願いいたします。

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • カルチャー
  • ファッション

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス