オーストラリア、メルボルンで開催されたクリケットの試合中、突如、映し出された驚愕の光景。これが『凄い!』と海外を中心に話題となっていたので紹介したいと思います。

観客席に向けられたカメラが、偶然に映し出したモノ。それは、いびつな形をした“スイカ”を持つ少年でして…

おもむろにスイカを眺める少年は…

なんと、皮がついたままのスイカを…

そのままパクリ!

どうやら、このいびつな形のスイカ。元々、丸かったスイカを、少年が驚異的なアゴ力で食べ続けた結果、このような形になったそうで、そのあまりの光景に、解説者もビックリ!興奮が収まりません。

その後も、淡々とスイカを食べ続ける少年。

試合の後半には、あれだけ大きかったスイカが…このサイズに!(驚)

では、すぐさまTwitter上にハッシュタグ#watermelonboyが作られるほど、話題となった…豪快すぎるスイカの食べっぷり!動画にてご覧ください!

出典 YouTube

スゲェェ(゚Д゚)ェェエエエ!!!

なお、スイカの皮を食べて大丈夫なのか?と心配になりますが、スイカの皮は『西瓜翠衣(せいかすいい)』と言い、古くから漢方薬の原料として使用されているそうで、利尿作用や浮腫(ふしゅ)の改善、解熱・解毒作用があるそう。また、シトルリンが豊富に含まれているため、肩こりやむくみの改善、ダイエット効果も期待できるとのことです。

スイカ丸ごと1個は、量的に問題がありますが、この動画がきっかけとなり、オーストラリアのニュースにも出演し、一躍有名になった少年。これは少年にとって、忘れられない思い出となったに…違いありませんね。

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス