記事提供:バズプラスニュース

マドハンドのコスプレイヤーが出現し、インターネット上で話題となっている。出現したマドハンドをスマホやカメラで撮影し、インターネット上に掲載している人が続出。一気に注目を集めているのだ。

・手だけのモンスター

マドハンドが現れたのは、2015年12月29~31日の期間、東京ビッグサイトで開催された同人誌即売会コミックマーケット(通称コミケ)の会場。マドハンドといえば、人気ゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズに登場する「手だけのモンスター」だ。

・そのクオリティはプロ

そのマドハンドを実際に見てみたのだが、あまりにも精巧かつ精細にマドハンドを再現しており、そのクオリティはプロと言っても過言ではない。

「単なる手だけ」と思うかもしれないが、その手に込められたコスプレ魂は他のコスプレイヤーと同様だ。このマドハンドのコスプレイヤーに敬意を表したい。

・仲間を呼んでも最大2匹まで

戦闘画面のメッセージ欄がダンボールで作られており、手作り感がハンパないのはご愛嬌。マドハンドが仲間を呼んでも最大2匹までという制限も、どうか許してあげて欲しい。

・一瞬にして夢が崩れ落ちる

ちなみに、このマドハンドは絶対に背後から見てはいけない。その約束を守らないと、一瞬にして夢が崩れ落ちるので注意が必要だ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス