最近は各ブランド、趣向を凝らした福袋を出して人気になっています。スターバックスの福袋も大変に人気の高い福袋のひとつ。各店舗の前では、朝早くから並ぶ人も多くみられます。しかし、今年の福袋では予想もしなかった事が起きてしまい、問題視されています。

先頭の人が店の福袋をすべて買占め!

二子玉川の店舗で、先頭に並んでいたお客さんが、なんと用意していた大・中の福袋それぞれ60個、48個の合計108個を全て買ってしまったのです。スタバの福袋は大人気なだけに、朝の5時から並んていた人もいたのに、2番目以降の人は誰も買えなくなってしまったのだとか。

しかも列に並ばす椅子だけ置いて車で待機

しかもその先頭の人は、地面にレジャーシートを敷いて椅子を置き、本人はずっと近くに駐車していた車の中で待機していたのだとか。暖冬とはいえこの季節、早朝から並んでいる人たちは、寒い中我慢して並んでいたのに、一度も列に並ぶ事がなかった人がすべてを買占めてしまった為に、真面目に並んでいた人たちは誰も福袋を買う事ができなくなったしまったのです。

きっかけになったツイートはすでに削除されていますが、他にも「一人だけがすべて買いさらっていった!」「せっかく並んでいたのに誰も買えなかったんですけど」「車で待機していた人が全部もっていったのってズルくない?」「朝から唖然ですよ。並ぶ時からレジャー椅子置いてあるなとは思ってたんですけど、まさか並んでるに入るとは思ってませんでした。」「椅子だけ置いていて並んで無かったんですよ。48個、60個の合計で108個買い占め」などというツイートが続々と。

スタバの福袋には個数制限はないのか?

店舗によっては個数制限が整理券の配布があった様ですが・・・

店舗によっては個数制限のない所も・・・

オークションサイトに大量のスタバの福袋が出品される

この後、オークションサイトには、スタバの福袋が実際の値段より高価格設定で大量に出品され、さらに問題が大きくなります。今回の人が転売目的だったかどうかは確実ではありませんが、その可能性が大きいのでは?と考える人が多くいました。実際、購入した本人は、直後にInstagramで商品とレシートを自慢と共に公開していました(現在は削除)

現地でも、先頭の人が購入した福袋を数人で箱ごと運び出す姿が目撃されており、Twitterでも「ずっと並んでいたのに買えなかった!転売屋、いい加減にしろ!」「先頭で場所取りだけしていた転売集団(5人以上)買えない人達をあざ笑うように見てました」「とにかく全部。箱ごとって・・・」と怒りのツイートが。

しかし、いくら個数制限が無いとはいえ、みんなが並んでいる中、どの店舗でも良識の範囲で購入している人たちがほとんど。店舗側もまさか、一人で買い占める人が出るなんて想像もしていなかったのでしょう。とはいえ、本当にすべてを売ってしまうというのも、ちょっと問題があった様な・・・。この後、買えなかった人たちへの対応で、店舗の営業業務にも支障をきたしていたそうです。

福袋というのは、年の始めにお得感と一緒に新年のワクワクとした気持ちも一緒に買うもの。この買い占めの行為は、そんな1年の始まりのワクワクとした気持ちまでも踏みにじった行為と言えるでしょう。

個数制限を設けなかった店舗にも問題はありますが、転売されているものを買う人がいるから、この様に転売目的で買う「転売屋」が存在するのも事実。店舗まで行かれない人は、オークションサイトに出ているからと気軽な気持ちで購入するのかもしれません。しかし、買う人がいなかればこの様な事態は起こらないはず。転売されたものを買うというのがどういう事なのか、もう1度考えてみる必要があるのではないでしょうか。

おそらく来年からは全店舗が個数制限になるのではと予想しますが、それにしても今年は朝早く寒い中並んでいた人たちは、本当にお気の毒です。

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら

Amebaみんなの編集局に登録してSpotlightで記事を書こう!