みかんの産地として知られる愛媛県では、蛇口からミカンジュースが出る場所もあるほど「みかん」が有名。そんな中で今話題になっているのが「みかんおにぎり」と言う愛媛県でしか味わえない不思議なご当地フード。それでは、Twitterで紹介された内容で「みかんおにぎり」の情報を紹介してみましょう。

愛媛に来たら「みかんおにぎり」を食べるべし!

このみかんおにぎりは、道後温泉街(松山市)の「道後たま屋」で売られているらしく、具は「牛肉」「鶏肉」「エビ・タコ」の3種類。1個324円(税別)。ちなみに、「エビ・タコ」は、地元の漁師さんが釣ったものが使われ、ご飯は愛媛県の100%のミカンジュース、肉や皮、そして特製の出汁で炊き込んでいるそうですよ。

みかんジュースで炊いたご飯

愛媛では給食に出るぐらい一般的らしい…

みかんジュースで炊いたご飯の正式名称は「あけぼのごはん」と言います。
このみかんジュースで炊かれたご飯は愛媛県では単なる都市伝説ではなく、学校の給食で実際にメニューとしても登場しているとか!

みかんおにぎりと言うものを見つけた

そして、実際に食べた人の声を聞いてみると…、殆どの人が「美味しかった」と答えています。こうなると気になりますね!!

なかなかうまいやん!

念願のみかんおにぎり!おいしかった!!

この「みかんおにぎり」の味は、ジュースの甘味と酸味、そして皮の苦みなどが感じられるのが美味しいと評判のようです。また後味が爽やかなのも高評価のようです。愛媛県に行ったら話のネタとして、ぜひトライしてみたいものですね。

この記事を書いたユーザー

タビザラシ このユーザーの他の記事を見る

旅と食べ歩き好き。珍しいもの、新製品、ヘンテコな雑貨に興味津々。お洒落やファッション系は苦手。spotlightプラチナ公式ライター

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス