プロアマ問わずたくさんの作家やアーティストのオリジナル作品に触れることができる展示即売会と言えば「デザインフェス」が有名です。規模こそ違えど様々な展示即売会がある中で、サブカル・アングラ系に特化したイベントがあるのはご存知でしたか?
ここ数年で急成長中の『アーティズムマーケット』に取材として入らせていただきました!主催者の方のコメントと共にご紹介させていただきます。
※説明文中の敬称略。

アーティズムマーケットとは

出典 http://www.artism.jp

ARTiSM MARKET(アーティズムマーケット):2013年に初開催。日本中から作家が集う、国内最大級のアンダーグラウンド展示即売会です。

2010年代を迎えアンダーグラウンドという新たな視点により再定義した他に類を見ない個性豊かな音楽や服飾、イラスト、写真、創作人形から立体造形など様々な表現者達が日本中から集結する。

出典 http://www.artism.jp

参加ブランド・アーティスト・お客様の格好を見ていても本当に多種多様な人々がいらっしゃいました。ゴシック・スチームパンク・ロリータ・メルヘン・獣・和風・クラシック・ロック・パンク・グロ・アイドル・バンドマン…etc。どんなジャンルでも「そこに在っていい」と丸ごと受け止めてくれる空間を感じました。

企画・主催は「ARTiSM」(アーティズム)

出典撮影:蜜

池袋のライブハウスで月2で開催されているライブイベントの運営母体が「ARTiSM」(アーティズム)です。ライブ企画の他に雑誌出版もしており、全国の音楽ショップやサブカルショップなどでも販売中!通販もしています。
アーティズムマーケットはライブハウスではなく区民会館で昼間に開催されているので、明るくてどなたでも気軽に入ることができます。

会場は大盛況!

出典撮影:蜜

一番最近開催された浅草での様子です。会場はご覧のように大勢の人でにぎわっていました。参加者はもちろんお客様も過剰装飾でいらしている方が多いので、通路は広めにとってありました。開催回数が増えるたびに、前回の反省を活かしてそうした細やかな面にも反映させているそうです。

会場スタッフの衣装も豪華!

出典撮影:蜜 / 英恋(左)、ちょこめろ(右)

会場で受付や見回り(巡回)をしているスタッフさんの格好も素敵です。慣れない方は緊張するかもしれませんが、人当たりのやわらかな方ばかりなので困ったときは安心して話しかけて大丈夫です。
※有志の方々によるボランティアスタッフなので、遊びに行く前に公式サイトで注意事項などを確認しておくと双方負担なく過ごせます。

様々なブランド・アーティストが勢揃い!

~アイテム系~

出典撮影:蜜 / くだらないもの工房 T-Rush

卓上セーブポイントや死亡フラグが売られていました!実は前回ネックレスタイプを購入しました。人生はセーブしたい局面がありますよね…。

出典撮影;蜜 / トキメキ帝国の桃色ガブリエル

くらげのリングやネックレス!きれいなグラデーションが素敵です。こういう可愛い系のブランドもたくさん出ていました。

出典撮影:蜜 / Pastel Parade

こちらも可愛い系。スイーツのヘッドアクセサリー!女の子のお客様が足を止めて見入っていました。

出典撮影:蜜 / 異形商店

骨のお面です。売り子さんのインパクト大!快く撮影許可を頂きました。かっこいい!

出典撮影:蜜 / 魔界ノ風鷹

奥にいる獣さんが作者の方です。商品はヘッドドレスかマスクかと思いきやなんとブレスレットもありました!

出典撮影:蜜 / KAGEMARU DESIGNS

シルバーアクセやホラー・ゴツめのアイテムを扱うブランドもたくさんありました。オリジナルのフィギュアも!

出典撮影:蜜 / MALICIOUS.X

ツノアクセサリーがたくさん!注目すべきは右側にある歯や目玉のバッグです。すごいインパクト!

出典撮影:蜜 / 寿喜堂

開催場所が浅草だったので、和風のアイテムを見るとなんとなくしっくりきますね。他の階のイベントに来ていたお客様が、興味を持ってアーティズムマーケットのフロアに流れ込んでくることも多いようです。

~人形展示系~

出典撮影:蜜 / 傀らし

オリジナルのお人形を展示しているブースもありました。展示方法にもこだわっていて、世界観ができていました。

~服飾系~

出典撮影:蜜 / abilletage-アビエタージュ-

お洋服やタイツなど服飾系ブランドも出展しています。売り子さんの着こなしが素敵です!会場には試着スペースがあるので、気になった方は試着して購入することができます。

出典撮影:蜜 / Takuya Angel

あの「卓矢ヱンジェル」も出展!この写真を撮らせていただく直前、熱心なファンの方が嬉しそうに商品を購入していかれました。

出典撮影:蜜 / product_c

こちらはサイバー系!アイテムに「スカウター」がありました!装着している方がわかりやすいので、ブランドの方のお写真でご紹介。スカウター、ちゃんと光るんですよ!

出典撮影:蜜 / PrivateSquare.

エレガントなお帽子。筆者が会場入りしたときはもっと山積みになっていたのですが、撮影許可を頂きに寄った時にはすでにけっこう売れていました。お目当てのものがある人は早めに会場入りするのが吉ですね。

~バンド・ユニット系~

出典撮影:蜜 / オーラルヴァンパイア

ライブイベントじゃないのにバンドさん?と思う方もいるかもしれませんが、CDやTシャツや缶バッジなどのオリジナルグッズ、チェキなどを販売しています。ライブ会場だと緊張してタイミングを逃していた方も、ここでCDを買ってサインをもらうチャンス!

出典撮影:蜜 / その名はスペィド

チェキがあるブースは大人気!メンバーさんと近くでご挨拶できる機会でもあります。

出典撮影:蜜 / Rose de Reficul et Guiggles/Toe Cocotte

ブース内でどのようにバンドやブランドの世界観を出すのかということが、第1回の時よりも全体的にクオリティが上がってきているように感じました。こちらのブースはいろんなアイテムがぎっしりで見ごたえがありました!

~書籍系~

出典撮影:蜜 / C-ROCK WORK

文筆家やイラストレーター、写真家の方も出展していました。それぞれオリジナルの読み物やイラスト集、写真集などを販売しており、ピンときたらその場で購入できるのがネットではなくこうした展示即売会ならではの魅力だと思います。

出展者やお客様の衣装も気になります

出典撮影:蜜 / カメレオール

会場全体は基本的には撮影禁止ですが、ブースや来場者の写真は許可を得られれば撮影できます。素敵な格好の方がいたら、勇気を出して声をかけてみてください。

出典撮影:蜜 / 裏口入学(左)、ATG(ありすとじぜる)(右)

欲しいものがある人はもちろん、なんとなく気になった人も、いざ入ってみれば面白くて時間があっという間ですよ!会場は今のところ浅草なので、ついでに観光もできて一石二鳥です。

主催者の想い/インタビュー

Licensed by gettyimages ®

主催者の方にアーティズムマーケットにかける想いをお話しいただきました。

アーティズムマーケットは「アンダーグラウンド」をコンセプトにしている為
一般の即売会にくらべ敷居が高いですが、その敷居を乗り越えようとする事により
そこに受身では無いのチカラが生まれ多くの人達が集まったエネルギーは
活気へと変換されるのだと思います。
そういった活気が来場者の笑顔になり表現者の原動力となり
日本が元気になる源となれれば幸いです。

出典インタビュー:蜜 / ARTiSM

会場の皆様の楽しそうな笑顔を実際に見てきたひとりとして、その想いはたしかに形となり、未来へ向かって動いていると感じました。活動場所を探している表現者の方や、日常にはない何かを探している方も、ぜひ一度足を運んでみてください。

素敵なワンダーランドへ行ってみましょう!

出典 http://www.artism.jp

次回テーマは「アリス・イン・アンダーワールド」!!あなたがアリスとなって、異世界を楽しんでみてくださいね。

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス