思わぬ人から遅くに年賀状が届いちゃった…

年賀状を思いがけない方から頂いちゃった!という経験は誰しもあることですが、思わぬ方から頂いた年賀状が、思いのほか遅くに届いてしまったらどうしますか?急いで年賀状を出すにしても、届くころには更に3日後……となると、出した方がいいのか、どうしたらいいのかと考えてしまいますよね。

そこで、一般的にはどうするべきなのかという点に注目してみました。

年賀状は1月7日までに届くことが良い!

出し忘れてしまった人などから年賀状が届いたときは、返事を書かないことがもっとも失礼にあたります。松の内(一般に1月7日まで)に届けられれば年賀状として返信します。

出典 http://www.nengasyotyuu.com

そもそも年賀状は1月7日までに届くというのがよしとされているそうです。「届くのが7日」ということですので、最大でも4日までには投函した方がよさそうですね。

1月7日までに間に合わない場合は「寒中見舞い」を投函しよう!

松の内に間に合わなければ寒中見舞いを送りましょう。年賀状の発送が遅れた理由を書く必要はありません。

出典 http://www.nengasyotyuu.com

7日までに間に合わない場合は、寒中見舞いを送るという手段が「一般的な失礼のない作法」のようです。喪中の際に年賀状を頂いてしまった場合は、一般的に寒中見舞いを15日以降から出される方が多いですね。
また、故人に対して年賀状が届いてしまった場合も寒中見舞いでお知らせが遅くなってしまった事などを詫びつつ送ることがいいそうです。

ただし、なるべく早く年賀状を出した方がいいという場合も

頂いた年賀状に対するお礼の気持ちを添えますが、目上の人などにはかえって失礼になるからと、普通の年賀状として書く方が良いともいわれます。

出典 http://www.nengasyotyuu.com

ただ、年賀状が7日までに届かないからといって即寒中見舞いというのは失礼になる場合もあるそうです。中々難しい塩梅ですね…。

どうやら、急いで年賀状を出した方がいい様子…

とにもかくにも、遅くに年賀状を頂いた場合でその方に出していなかった場合は、すぐにでも年賀状を出すことが「無難である」ようです。ただ、年賀状自体届いたのが10日などかなり遅い場合は、寒中見舞いでも問題はないのではないでしょうか。

そもそも7日までに届くのがよしとされているものが、既に遅れて届いているような場合は相手の方も返事が来るのが遅くなることは理解していると思います。そのため、寒中見舞いでも問題はないような気がします。

ただ、寒中見舞いを送る際は15日以降など、新年からある程度時間をあけた時に投函するとより「寒中見舞い」らしさを演出できるのではないでしょうか。その際、お返事が遅くなったため寒中見舞いにいたしましたと一言添えておくことは、場合によってはあったほうがいいかもしれません。

この記事を書いたユーザー

ぽんたす このユーザーの他の記事を見る

山の麓に移住しスローライフを楽しみながら記事を書くWebライターです。
お役立ち情報など、色々な話題を発信中!

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス