記事提供:FunDo

この発想はなかった…。@inami4さんが制作した“一生使いまわせる年賀状”がユニークだとTwitterで大きな話題になっているのでご紹介します!

これは、すごい斬新な発想ですね。確かに時間がない人、毎年時間がない人、一生時間がない人にとっては有難い!?年賀状なのかもしれません。


シンプルな内容なので見るだけでも分かりますが、作業としてはこの様な流れになるのでしょうか。


1.該当する干支を選んで丸をつける。

2.西暦をなぞる。

3.「あけまして」に続く言葉を選択
①おめでとう ②おめでたくない の2択

4.「今年も」に続く言葉を以下から選択(複数)
・よろしくお願いします
・仲良くしてね
・また遊ぼう
・よい年になりますように
・心身ともに健康でありますように
・がんばっていこう
・充実した一年にしよう
・お世話になります
・視界に入るな

実に作業がシンプルで済みます。12年分の干支のイラストや文字・背景の素材を収録した年賀状素材集などはありましたが、この様な年賀状はなかったですね。


(一生使いまわせる年賀状に対して寄せられていた声)

さっそく使いたいという方も含めて、非常に多くの反響が寄せられていました。とにかくユニークな発想の年賀状ですね!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス