国内はもちろん、世界各地で愛される蘭の花。
種類も豊富な蘭は手ごろなものから超高級なものまで様々。

近年食材用の蘭も研究開発が進み、食卓を華やかに見せるアイテムとしても人気を集めています。
そんな蘭の花が一躍有名に!
福島で咲いた蘭の花がある動物に激似だと海外で話題になっています。

猿!!!

猿・・・・

どこから見ても猿の顔!
心なしか歯並びまで再現されているではありませんか。
実はこちらの蘭の花、名前がまさに”Monkey Orchid"(猿蘭)

上の白い猿、ではなく蘭が咲いたのが福島の植物園だったため、
海外で必要以上に注目を集めてしまったのです。
情報が途切れ途切れでしか入ってこない日本国外の住民からしたら、
福島=チェルノブイリ状態だと思われていることもしばしば。

Twitter上で騒ぎになっても仕方ないのかもしれません。

こちらは番外編。困った顔がとても可愛い蘭。頭の触角はどこから??

まるで宇宙戦隊!?

まるで芸術品のようです。

皆さんも、次回植物園へ行く機会があれば是非、”何かに似てる蘭”を見つけてみるのも楽しみの一つになるかもしれません。

その他、合わせて読みたいお勧め最新記事↓

この記事を書いたユーザー

sayacafe このユーザーの他の記事を見る

プラチナ公式ライターsayacafeです。
アメリカを拠点にファッショントレンド、サイエンス、ライフハックやレシピ。
海外ならではの面白いニュースや、日本では話題に上らないようなローカル情報をピックアップして配信しています。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス