もし自分がホームレスになってしまったらどうしますか?
お金もなく、仕事もない、食事も寝る場所もない厳しい生活を余儀なくされたら…。

国外では、そんな厳しい世界に、多くの子どもたちが存在していることは皆さんもご存じだと思います。

少し想像してみてください。
貴方の身近にそんな子どもたちがいたら、貴方はどうしますか?その子どもが、お金や食糧を無心してきた時、貴方はその声に耳を傾けることはできるでしょうか。

ブラジル、サンパウロで汚い身なりをしたホームレスの少年に『安い本でいいから僕に本を買ってくれない?』と話しかけられたら街の人はどんな反応をするかという社会実験が行われました。
本をねだるなんて、ほとんどあることではありません、一体どれだけの人が彼を助けようとするのでしょうか。

一番安い本でいいから

『おばさん、一番安い本でいいから買ってくれない?』ホームレス少年が話しかけます。『無理よ、お金もないし仕事に行かなきゃ』と断る女性。

こちらの女性は銀行に行ってからだったら戻って見てあげられるわよと返します。これは上手くかわすために使う手口の一つ。

無視したり、時間がないと断る大人たち

その後は、多くの大人が少年の声を聞き入れることなく歩き去ります。

出典 http://globoplay.globo.com

左手から、先ほどの女性が少年を追いかけてきました。
『もう本は買ってもらえた?』優しく少年に話しかけます。まだな事を知り、本屋へと一緒に向かい、どんな本がいいか一緒に選んであげていました。

出典 http://globoplay.globo.com

幼児向けのものより年齢にあったものを選んだほうがいいわとアドバイスしています

その後も

出典 http://globoplay.globo.com

字が読めないという少年に読んで聞かせる男性

出典 http://globoplay.globo.com

なんてことなの…なんて言いながら快く本を買いに来てくれた女性

出典 http://globoplay.globo.com

一度は通り過ぎたこの男性も引き返し、何が欲しいのか確認、本屋へ行き読み聞かせしてあげていました。

決して多くの人とは言えませんが、その後も少年の声に耳を傾ける人々はいたという結果で出ました。
なぜ買ってあげようと思ったのか問われた人々は、これは子どもに与えられた当然の権利だ、沢山の子どもが食べ物や寝る場所に困っている現状に胸が痛んでいるといった回答を出しています。

この他にも、夜は教会に行って寝るように言う人や食事をとることや寝る場所を確保してもらう事は、子どもである貴方の権利だから警察に行って探してもらうように言う人、アイスやジュースはいるかと尋ねる人もいました。

こどもを取り巻く環境

無視した人は酷い人だとは言えません。
親切心を利用した犯罪もあるでしょうから、それなりの理由があるのでしょう。

残念な事に、この様な光景が日常茶飯事になっている人々にとって、少年の言葉を聞く時間さえも煩わしく意味のないものになっている人もいるのかもしれません。

ブラジルでは、実に多くの子どもたちが学校にも通わず、朝から晩まで働いています。その方法は様々で、路上でお菓子を売り歩いたり信号待ちしている車に芸を披露し小銭を貰ったり安い金で農家に売られてしまったり…。この少年の様にねだってお金を稼ぐ子もいます。
大体が貧困層の子どもたちで、子どもの意思ではなく、大人が強制的に働かせているというケースも多く、稼いだお金も大人の酒代やドラックに消えていくこともしばしば。
ろくに食事も貰えないばかりかお金を稼がないと虐待を受けることもある為、子どもも必死です。

ブラジル人もよくそのことがわかっているので、あえてお金ではなく、食事を買い与える人もいます。

なぜ子どもに働かせるのか

人は不思議な事に、子どもは守らないといけない存在と思っていますよね。
それを利用してお金を多く得ようとしているからなんです。
『こんな小さい子どもが仕事なんてして…。早く帰れるように手伝ってあげよう』こんな感じで人の心理をうまく使うんです。

それを実証したのが、NYで少年達が行った社会実験です。

守るべきものは子どもだけ?

それはなんだか違うような気がしてなりません。
確かにこどもは守るべき存在ですしそれはこれからも変わらないでしょう。
でも、大人にだって事情があります。なりたくてなってる人なんて決していないはず。
自分が毎日食事を取れて、暖かく寝れるということがどれだけ幸せなことか考えれば、その幸せを年齢関係なく本当に困ってる人に少しおすそ分けするくらいどうってことないんじゃないかなと思います。
ほんの少しの気持ちだけで、その人が幸せを感じられる助けになるなんて素晴らしいと思いませんか?

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

Kairin このユーザーの他の記事を見る

どこにでもいる主婦です。バラエティーを見るのが好き。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • 育児

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス