米ユタ州ガーデンシティのベア湖付近で、雪が急に降ったサンクスギビングデーの朝、子どもたちと雪遊びをしていた一家が見つけたのは雪に埋もれて瀕死の状態になっていた子猫。この瀕死だった子猫は無事に助かりますが、撮影されていたその時の様は心打たれるものがあります。命の大切さ、尊さを感じさせてくれる動画です。

緊迫感のある状態から動画は始まります。

出典 https://youtu.be

雪の中で発見された子猫は瀕死の状態。
急いで暖炉の近くに連れて行き、衰弱した子猫を助けようと必死に看病する。

1時間ほど心臓マッサージを続けるも子猫はぐったりのまま…

もうダメかもしれないと諦めかけた頃、子猫は息を吹き返し動き始めた!

では、その時の様子を動画でご覧ください。

出典 YouTube

命が助かって本当に良かったですね。この一家の懸命な看病のお蔭ですね。そして、やっぱり気になるのは、その後の様子。
ご安心下さい。奇跡的に一命をとりとめた子猫は、この一家に新しい家族として迎えられ元気いっぱいです。では、その後の様子も見てみましょう!

元気いっぱいの現在の様子

出典 YouTube

見ているだけで心が癒されます。この動画を見ると「小さな命を救ってくれてありがとう!」と思わず言いたくなりませんか?本当に良かった。

この記事を書いたユーザー

タビザラシ このユーザーの他の記事を見る

旅と食べ歩き好き。珍しいもの、新製品、ヘンテコな雑貨に興味津々。お洒落やファッション系は苦手。spotlightプラチナ公式ライター

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス