日本の出生率が5年ぶりに増加に転じることが分かりました

Licensed by gettyimages ®

1月1日、厚生労働省が平成27年の人口動態統計の年間推計を発表。

平成27年に生まれた赤ちゃんの数が、統計を始めて以降、過去最低だった平成26年の出生数100万3539人を上回る100万8000人となり、5年ぶりにようやく増加に転じたことがわかりました。

2015年に国内で生まれた日本人の赤ちゃんは、統計を始めた1899年以降最低だった前年を4千人上回る100万8千人で、5年ぶりに増加に転じたとみられる

出典 http://www.sankei.com

新年早々の明るいニュースに喜ぶ人は多いみたい

Licensed by gettyimages ®

過去最低といわれた平成26年を上回ることがわかった平成27年の出生数。このまま減り続けると思われていた出生数が5年目にしてようやく増加。

この新年早々の明るいニュースにネットからも喜びの声は多いようです。

とくに目立ったのが30代前半の女性の出産数

Licensed by gettyimages ®

特に目立ったのが30代前半の女性の出産数の増加。

平成27年前半の出産数が前年比で1万2000人も増え、1人の女性の生涯の出産率も前年を上回る可能性もあるといいます。

厚生労働省は、雇用状況の改善にによる収入の増加や、保育所の整備など、推めてきた子育て支援策が関係しているのではないかと分析しているようです。

厚労省によると、1~6月の出生数が前年比で約1万2千人増加したほか、30代前半の女性の出産数が特に増えた。

出典 http://www.sankei.com

1人の女性が生涯に産む子供の平均数の推計を示す合計特殊出生率は、前年(1・42)を上回る可能性も出てきた。

出典 http://www.sankei.com

厚労省は「収入の増加や保育所の整備が関係しているのではないか」と分析している。

出典 http://www.ntv.co.jp

しかし、一方で人口の減少幅は戦後最大となっている…

Licensed by gettyimages ®

しかし、人口の減少にはいまだ歯止めがかかっていないようです。

高齢化が進むことにより、出生率が増加した一方で平成27年の死亡数は130万2000人と平成26年の127万3004人を2万9000人も上回り戦後最多記録を更新。

これによって日本の人口は29万4000人減り、過去最大の減少幅を更新。

出産世代の女性の数も減少が見込まれており、厚生労働省いわく人口の減少はしばらく続くと推測されています。

一方で、高齢化により、死亡数は戦後最多の130万2000人と推計されていて、この結果、日本の人口は約29万4000人減り、過去最大の減少幅を更新した。

出典 http://www.ntv.co.jp

高齢者の死亡数の増加とともに、出産世代とされる15~49歳の女性の減少

出典 http://www.sankei.com

わずかながら増加に転じた出生数も過去2番目に少なく、同省は「少子高齢化の傾向は続いており、しばらくは人口は減っていくだろう」としている。

出典 http://www.nikkei.com

出生率増加をきっかけに人口減少社会を抜け出したい日本

Licensed by gettyimages ®

1947年(昭和22年)~1949年(昭和24年)に生まれた団塊の世代が70代を迎えることが目前に迫った2016年。

出生率が増加したことは大変喜ばしいことですが、これだけでは少子化・人口減少を食い止めるのにはまだまだ弱いのが現状です…。

今回の出生率増加をきっかけにして日本が人口減少社会から抜け出せるようにするためには、まだまだ課題が残されているようです。

この記事を書いたユーザー

amaneck このユーザーの他の記事を見る

記事を読んでいただきましてありがとうございます。ネットでちょこちょこ記事を書いている神奈川県在住の副業ライターです。個人的に気になったことをお伝えしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス