難病の親友を救うために・・・

出典 http://www.chocolatebarbook.com

アメリカ・ロサンゼルスに住む6歳のディラン・シーゲルくん。ディランくんの親友ジョナ・プアナザリアンくんは『糖原病1B型』という1万人に1人の確率で発症する難病です。

明日がわからない難病

出典 http://www.chocolatebarbook.com

『糖原病1B型』は肝疾患で、現在治療法は見つかっていないそうです。

毎日決まった時間に7回、胃の中にチューブを介して水とコーンスターチを混ぜたものを流し込みます。これをしないと、ジョナくんは肝臓に糖分を保存することができず、低血糖や肝臓障害を引き起こし危険な状態になります。

友達を助けたい!!!

出典 http://www.chocolatebarbook.com

ジョナくんと小学校に入学する前から親友だったディランくんは「病気の治療法を見つけるための研究費を稼ぎたい」と言い出しました。ディランくんの両親はレモネードを販売することを提案しましたが・・・

絵本を作成!!!素敵なものは『チョコレートバー』

出典 http://www.chocolatebarbook.com

その日のうちに『チョコレートバー』という絵本を作成したディランくん。『チョコレートバー』とはディランくんとジョナくんの間だけに通じる言い回しで『最高!!』という意味なんだそうです。

「ディズニーランドはとてもチョコレートバーです。(ディズニーランドに行けたらとても最高です)」から始まり「僕は、友達を助けたい。それは最大のチョコレートバーです。(友達を助けることができたら最高です)」「この本を友達のジョナに捧げます。お金は全部ジョナ・ポーナザリアンGSD基金に寄付されます。助けてくれてありがとう」で締めくくられています。

世界中からオファーが!!

出典 http://www.chocolatebarbook.com

最初に販売をしたのは学校のバザー。6歳の男の子が難病の親友のために絵本を売っているという噂は瞬く間に広がり、20冊の本はわずか3時間で完売しました。

数日後、大手書店で販売会を開催。この騒ぎを聞きつけたテレビ局3社が取材にかけつけ、このニュースは世界中にひろがり、世界43カ国から絵本の注文を受けました!

目標は1億円

出典 http://www.chocolatebarbook.com

ディランくんの本は20ドルで販売され、一年とちょっとで約8000万円を達成しました。それは、ABCニュースで「今までこの難病のために様々な医療財団から補助金が集まりましたが、今回集まったお金はそれらを大きく上回っています」と取り上げられるほど。

そしてついに、彼らの目標とする1億円に到達したそうです!

『人を動かす力』は素晴らしい!!!

出典 http://www.chocolatebarbook.com

このお金はすべてフロリダ大学の『ジョナ研究基金』に直接寄付され、治療に向けた病気の研究・解明が急がされています。

一人の少年の「友達を助けたい」という思いとその一歩を踏み出す勇気が大きく世界を動かしました。『人を動かす力』の素晴らしさを教えてもらいましたね。

こちらもおすすめ!!

この記事を書いたユーザー

sho子 このユーザーの他の記事を見る

旅行、グルメ、流行りものが大好きな1児の新米ママです!楽しいこと、おもしろいことを皆さんに共有できるよう、頑張ってます♪宜しくおねがいします。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 美容、健康
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス