おせち料理に欠かせない「かまぼこ」

かまぼこの形(半円状)が
初日の出の形に似ていることから用いられます。

赤色は魔除けを、白色は清浄・神聖を表します。

また、紅白で縁起が良いとされています。

出典 http://ii-nippon.net

紅白で並んだかまぼこは、華やかで、いかにもめでたい感じがしますね。

さて、そのかまぼこですが、並べ方にきまりがあるというのです。

かまぼこもおまんじゅうも、紅白のものを置く時は、右が紅、左が白と決まりがあります。「右紅左白」と覚えておくと便利です。

出典 http://ec.kamaboko.com

そういえば紅白の水引も右側が赤ですね。

なぜ、右が赤で左が白なのか。

ルーツは中国の陰陽五行にあるようです。

五行説と東西南北

出典 http://blog.goo.ne.jp

東西南北、四つの方位をあらわす象徴的聖獣を四神という。
東を「青竜」
南を「朱雀」
西を「白虎」
北を「玄武」で表す。

出典 http://www.fafner.biz

色を配当すると、東が青、南が赤、西が白、北が黒というわけです。

仏教では、四方を守る四天王がよく知られていますね。それもやはりこの五行説がもとになっています。

日本では、「天子南面す」といって天子は南の方を向いてまつりごとを行います。それを仏像にあてはめ、紙面にあらわすと、ご本尊の前となる右下か左下に南を守る増長天を配置する二通りの方法が考えられます。

四天王を画面に配するときには2様あります。

いずれも五行説にしたがっており、その一つが向かって右上に持国天(東)、右下に増長天(南)、左下に広目天(西)、そして左上には多聞天(北)を配する仕方です。

出典 http://seikadou.blog106.fc2.com

四天王の写真をご覧ください。

右下に顔の赤い増長天、左下に顔の白い広目天というわけです。

紅白の水引が向かって右を赤、左は白で結ぶといった約束事の根拠がこれで知れます。

出典 http://seikadou.blog106.fc2.com

ちなみに不祝儀袋の水引の場合に右が黒、左が白になるのは、もう一方の配置に関係があるそうです。

このように陰陽五行に由来しているのですね。

おせちレシピ【かまぼこ飾り切り】【田作り】 レシピhttp://www.recipe-blog.jp

たかが、かまぼこの並べ方とあなどれません。

何も考えずに、パクパク食べていたおせちのかまぼこの並べ方に、こんなに奥が深い理由があるなんて驚きました。

私には少し難しい話でしたが、とにかく、「右が赤、左が白」…「右紅左白(うこうさはく)」と頭に入れておきたいと思います。

この記事を書いたユーザー

このユーザーの他の記事を見る

専業主婦です。只今子育て真っ最中。

得意ジャンル
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス