テストで満点を目指す必要はない

実は、テストで満点を目指す必要はありません。

「100点なんて気持ちが悪いから、目指さなくていいよ」

出典 http://www.toronto-tanaka.com

試験勉強の場合は、100点を目指さないことが大事なのです。

験合格を目指すとき、大切なことは「100点を目指さない」という姿勢です

出典 https://happylifestyle.com

これは、社会人になってからの仕事でも同じことです。

仕事をする上でのマインドセットとして、100点を目指さないことが大切です

出典 http://www.consulting-skill.com

自分がテストで100点を取ったとき、うれしかったと思います。

また、子どもがテストで100点を取れば、うれしい気持ちになるかもしれません。しかし、100点を取るために、犠牲にしたことがあるはずです。

そうです。100点をとることと、何かがトレードオフの関係になっているのです。そして、犠牲になったものは、100点よりも大事なものかもしれません。

時間対効果が悪くなる

100点を目指さない方がいい理由のひとつは、時間対効果が悪くなることです。

膨大な時間がかかりすぎるからです

出典 https://happylifestyle.com

100点をとるためには、かなりの努力と時間が必要です。

100点に近づくにつれ、反比例して、時間もかかるようになります

出典 https://happylifestyle.com

ケアレスミスもダメですので、集中力も消費することになります。

100点を目指す時間があれば、ほかの試験勉強に時間を回したほうが、得策です

出典 https://happylifestyle.com

時間対効果を最大にしようと思えば、100点を目指さない方がいいのです。時間や努力するエネルギーが無限にあるのであれば、100点を目指すのもいいでしょう。しかし、時間などのリソースは限られています。

したがって、そのリソースを効率よく使う方法を考えるべきです。

精神衛生上好ましくない

完璧主義は、精神衛生上好ましくありません。

自分を追い込むスパイラルに陥ってしまいます

出典 http://www.toronto-tanaka.com

100点を取らないと、満足できなくなってしまいます。

荒んだ(すさんだ)人生になってしまうと思うのですよ

出典 http://www.toronto-tanaka.com

スポーツ選手が、「ノーミスで…」という言葉を使いますが…

完璧主義の人が「なんとか、結果を出さなきゃ!」と頑張り、結果を出すために周りにピリピリした雰囲気を出すことは、悪気はないのです

出典 http://tensei.nanaki.biz

逆に自分を追い込んで、過度に緊張したり、ピリピリした雰囲気を醸し出すことがあります。そして、自分に余裕がなくなると、結果も好ましいものにはなりません。

入試の目標は合格点を取ること

入学試験の目標は、合格点をとることです。

たいていの各種試験は、合格ラインを70パーセント~80パーセントとしています

出典 https://happylifestyle.com

満点をとることではないのです。

スコアが80点から90点を安定して取れれば、十分合格できるラインです

出典 https://happylifestyle.com

80~90点をとるためには、どうしたらいいのか?そこをよく考えて、戦略を立てなければいけません。がむしゃらに100点を目指せばいい、というものではないのです。

優先順位の付け方・取捨選択の仕方を学ぶ

100点をとらないということは、取捨選択を学ぶということでもあります。

各教科・各分野に優先順位をつける

出典 http://todai.kawai-juku.ac.jp

勉強するときは、実情と照らし合わせて、優先順位をつけましょう。

どの科目を優先してやると、合格する可能性を1%でも上げれるかという基準で考えたのです

出典 http://www.foresight.jp

どこにリソースをつぎ込めば、合格する確率が上がるのでしょうか?

配点比率の高い科目や他の科目と内容がかぶっているような科目を優先的に勉強する方が、より合格ラインに近づきやすいということなんです!

出典 http://www.xn--o9jl154wzgbl7afzcdwa590isd1cwyv394ay2d24g.com

個々のテストでも同じです。

確実に80~90点をとるためには、どの問題を捨てるのか?が大事になります。問題に優先順位を付け、優先順位の低いものは、思い切って捨てることが必要になります。

テストの場合の優先順位の低いものとは、解けない「難問」のことです。

確実にとれる問題をとる

合格する子どもは、確実にとれる問題をとります。

取れるところを確実に取ることが大切です

出典 http://todai.kawai-juku.ac.jp

難問には手を出さず、取れる問題の見直しをします。

とれる問題は何度も見直して絶対に落とさないようにしていました

出典 http://www.zkaiblog.com

現在の入学試験では、守りの姿勢が大事になります。

解いた問題を確実に正解にする「守りの姿勢」こそ、合格のためには必要なのです

出典 http://todai.kawai-juku.ac.jp

100点を目指して、突き進むのではなく、解けた問題の見直しをしましょう。

100点思考だと簡単にポキっと折れる

100点思考だと、折れやすい大人になります。

毎日の「努力」が通用しない場合もあるのが、「オトナの世界」

出典 http://www.toronto-tanaka.com

これだけ努力をしているのに、どうして報われないのか…となります。

学生時代に通用していた「努力」。それが報われないケースが頻発するのが、会社なんですね

出典 http://www.toronto-tanaka.com

会社で同期や後輩に先に出世されてしまうと、自分の方が努力しているし、能力も高いのになぜ?と思ってしまいます。

そして、気持ちを切らしたり、自暴自棄のような形になることがあります。

学年でトップだった子どもよりも、二番手、三番手ぐらいの子どもの方が大成することがありますが、そのひとつの理由がここにあると思います。

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス