美容整形の実態。

Licensed by gettyimages ®

今や、メスを使わないプチ整形などを含めると、男女問わず多くの方が一度は利用していると言われている「美容整形」ですが、「美容整形にはメンテナンスが必要」と聞いたことがありませんか。今日はその実態をご紹介します。

このようなTweetが多く見受けられました。

美容整形とは、一体どのようなもの?

Licensed by gettyimages ®

美容整形の治療は、よく形成外科で行うものだと、間違われることがあります。形成外科では体の表面の異常の治療を、おもな治療範囲としています。 ガン手術後の変形の治療、先天性の異常や外傷による変形の治療などです。やけどの治療、怪我によって生じた痣や顔の歪みの治療なども行われます。

形態学的には正常 範囲内にあるが,美容のために形成外科的手技あるいは物理的手技を用いて実施する 整形術をいう。隆鼻術,豊頬術,豊胸術,二重眼瞼作製術,消皺術などがある。

出典 https://kotobank.jp

機能としては問題のないものを治療するのが、美容整形です。

美容整形は、大きく分けて2種類あります。

Licensed by gettyimages ®

美容整形と言っても、メスを入れる手術から、永久脱毛やお顔のピーリングのようなプチ整形まで、様々な治療があります。

美容整形は大きく分けて、効果が半永久的に持続する治療と、効果が一定期間の治療があります。

効果が半永久的に持続する治療には、二重まぶた切開法や目頭切開などの目元の切開する手術、シリコンプロテーゼや耳介軟骨移植などの鼻の手術、ゴールデンリフトなどの糸の手術、フェイスリフトなどの切開する若返り手術、イタリアン・メソシェイプ(脂肪溶解注射)や脂肪吸引などがあります。これらの手術に関しては、その人に合った無理のない手術が正しく行われていれば、特別何もメンテナンスする必要はありません。

出典 http://www.takasu.co.jp

ただし、「その人に合ってない手術」が行われた場合は、再手術を行う方もいらっしゃるとか。これによって、「メンテナンスが必要」という誤った認識を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんね。

維持するために、メンテナンスが必要な治療とは?

Licensed by gettyimages ®

美容外科の中でも、このような治療は効果を維持するためには定期的なメンテナンスが必要と言われています。

一方、効果が一定期間の治療には、ヒアルロン酸注射や、無理のある二重まぶた埋没法などがあります。ヒアルロン酸注射は鼻を高くしたり、顎を出したり、シワを目立たなくしたり、バストを大きくすることなどに用いますが、長く持続するものでも数年で吸収されてなくなるので、いずれ元に戻ります。そのため、ヒアルロン酸を注射した状態を維持するためには、定期的に注射することになります。

出典 http://www.takasu.co.jp

治療をやめて問題があるというよりも、治療後の状態を維持するために、再度メンテナンスをするのは、このような内容の施術だそうです。

知っておいたほうが良いこと。

Licensed by gettyimages ®

美容外科での治療は、本人にあった治療が適切に行われることがベストですが「100%の人が満足をしているとは限らない」ということです。治療を行う場合、どんなに小さな可能性でもリスクがあります。それを分かった上で手術、治療をするのが良いでしょう。

美容整形の術後の違和感には、身体的または精神的に感じる、これら2つの違和感があります。
◆身体的な違和感
皮膚がひきつったり、つっぱった感じがある。痛み手術を受けた部位が重く感じる

出典 http://www.kainebrothers.com

時間とともに治る症状も沢山ありますが、このような出来事も想定しておくことが大切だと思います。

調査によると「美容整形したい部分」は、一位が「目」、二位が「皮膚のシミやアザ」、三位が「鼻」。ただ、そんな便利な美容整形も大きなリスクが隠れている事を知っておきましょう。まず、美容整形とは全ての人が受けられる手術ではありません。骨格や薬剤への耐性など様々な個人的に合わない手術があり、薬品を注入した際に化膿や炎症を起こしたり、無理に顎等の骨格を削れば将来歯が全部抜け落ちたり表情を作れないなど、一生残る問題を抱えてしまいかねません。

出典 http://tanteiwatch.com

調べていく中で、「自分に合った医師を選ぶ大切さ」をすごく感じました。お値段やHPの華やかさに惑わされずに、最適な治療を受けるために情報を集めることが大切ですね。良いドクターであれば、治療後にどのようなことに気をつけたらいいかも、きちんと教えてくださることでしょう。

治療は慎重に。

Licensed by gettyimages ®

同じ手術をする場合でも、医師によって結果が異なってくることでしょう。最適な結果を得るために、情報収集をしっかり行うことが大切ですね。

この記事を書いたユーザー

山本明日香 このユーザーの他の記事を見る

講談社:VoCE読者ブロガー「VOCEST」3期生。スワロフスキーアーティスト。ヨガ、ストレッチを中心としたボディメイク、ヨーロッパのファッション・ライフスタイルなどを発信するのが得意!ダイエット検定1級取得。Webライティング能力検定1級合格 ◆美容ブログ:http://ameblo.jp/asukaproduce/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス