日本にはさまざまな風習があります。生まれて初めて迎えるお正月を”初正月”といいます。赤ちゃんが健康に1年を過ごせるようにと家族で祈ります。”赤ちゃんの健康を願う”風習で、これをやらないといけないというものではありません。

女の子には”羽子板”を

出典 http://www.art-ss.com

羽子板は、女の赤ちゃんの無病息災のお守りの意味も持っています。羽子板でつく羽の玉、あの黒くて堅い玉は“むくろじ”という大木の種ですが、これは漢字で「無患子」と書きます。「子供が患わない」という意味が込められています。

出典 http://www.ningyo-kyokai.or.jp

”無病息災”の意味があるのですね。

男の子には”破魔矢”を

出典 http://store.shopping.yahoo.co.jp

破魔弓は、様々な厄から身を守るための飾りとして江戸時代初期から男の子が生まれた家に、子供の健やかな成長を願って贈る習慣があります。昔は、お正月に弓矢で的を射ってその年の占いをする遊びでしたが、弓の的をハマ(的の中心)と言い、破魔の字をあてはめ「悪い魔を打ち破る」となったのです。

また、弓矢は元々武器のひとつでしたが、その威力から邪気をはらい、悪魔を恐れさせるという特別な力が備わっていると考えられていました。大切なお子様が丈夫にすくすくと育つようにとの願いが込められております。

出典 http://store.shopping.yahoo.co.jp

”悪い魔を打ち破る”意味があるのですね。

12月13日は「正月事始め」とされてきました。昔の人はその日から飾り始めていたようです。しかし、現代ではクリスマスで家に飾り付けをする場合があるので、クリスマスが終わってから飾りはじめる家庭も多いようです。避けたい日は12月31日(一夜飾り)と12月29日(苦立て)になります。お正月飾りと同じですね。

片付けるのは、1月15日までにすませるのがよいとされています。一方で、縁起物なので1年中飾っておいてもいいという考え方もあります。

地方によって風習、考え方は異なります。

初正月を迎える赤ちゃんが避けなければならないことがあります。

”人混み”に赤ちゃんを連れ出すのは避けましょう

出典 http://chiguno363.exblog.jp

新年は初売りや初詣など、人混みに繰り出す機会が多いものです。でも、赤ちゃんと一緒にそういった場所に行くのは控えたほうがよさそう。風邪やインフルエンザなどのウイルスをもらってくることがあるためです。

特に初詣は「赤ちゃんの健康をお願いしたい」と思っているお父さん、お母さんも多いかもしれません。ピークを過ぎた頃に行くのがベターなようです。

"おせち料理”を赤ちゃんにあげるのはやめましょう!

出典 http://www.yamashoku.com

おせち料理は一つ一つに新年を祝う意味があるものです。赤ちゃんにも一口くらい・・という気持ちもわかりますが、おせち料理は赤ちゃんには食べられないものばかり。塩分も強すぎるのです。

素敵な破魔矢ですね

赤ちゃんも喜びますね

おばあさんからの贈り物

風情がありますね

赤ちゃんが初めて迎えるお正月。お父さん、お母さんも親になって初めてのお正月ですね。赤ちゃんの健康を祈りながら忘れられない”初正月”を迎えてくださいね。

この記事を書いたユーザー

うー このユーザーの他の記事を見る

東京が好きで、昭和が好きで、古い日本のドラマも好きで、カフェが好き。
忘れられかけている遠い記憶のことを掘り起こしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス